このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

風呂敷染

ページ番号:433-451-573

更新日:2019年5月14日

今でも暮らしを彩る生活の「布」・・・風呂敷染

風呂敷染の写真

 今では物を包む布を総じて「風呂敷」という名前が広く知られているが、その名前で一般に呼ばれるようになったのは貨幣経済が浸透し商業が活発となった江戸時代中期に入ってからと言われている。行商の運搬や庶民の生活の実用品、装飾品として広く使われてきた。
 その文様も家紋や日本独特の吉祥文様、時代ごとに生まれたデザインもあり様々多種多様である。現在では生活様式も変わり街中などで見ることが少なくなった風呂敷だが、シンプルであるからこそ、今でも暮らしを彩る生活の布として生き続けている。

練馬区伝統工芸会 会員名簿 (風呂敷染)

会員名簿
氏名 住所
萩原 光 練馬区豊玉南

お問い合わせ

産業経済部 経済課 中小企業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1483(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ