このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

こども発達支援センター

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 障害のある方
  4. 障害者施設
  5. こども発達支援センター

ページ番号:687-689-410

更新日:2021年9月10日

お知らせ

1 こども発達支援センターをご利用のみなさまへお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、国の「緊急事態宣言」および東京都の「緊急事態措置等」の期間延長を踏まえ、練馬区は新型コロナウイルス感染症に対する方針を令和3年9月10日に改定しました。こども発達支援センターでは、9月30日(木)までつぎのとおりの対応を引き続き行います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
・障害児等の団体および地域住民に貸出している 運動場は、利用できます。
・障害児等の団体および地域住民に貸出している多目的室(定員30名)や会議室(定員50人)利用については、定員の50%までの受け入れとなります。利用時間は、午後9時までとなります。
・地域交流コーナーの利用については、最大16名までの受け入れとなります。利用時間は、午後9時までとなります。
大きな声での会話は、控えてください。
飲食は、不可となります。

ご利用にあたっては、つぎのことをお願いいたします。
・マスク着用でご利用ください。

・ご自宅で検温し、発熱がないことを認してから来所してください。

・当日、利用したメンバーについて、後日連絡がつくように記録しておいてください。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

2 運動場(地域住民向けの貸出し)の利用予約について

令和3年3月31日現在、登録いただいている団体は45団体になりました。登録団体の増加に伴い、運動場の利用予約が取りにくい状況となっております。より多くの団体の皆さまにご利用いただくために、利用予約につきましてつぎのとおりとなります。
・予約枠数について
利用予定月の1か月前の月の初日(休祝日の場合は、つぎの平日)の予約は、1団体1枠までになります。
ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

施設の概要

お子さんの発達で心配なことはありませんか?

 ・ことばが出ない、ことばが増えない
 ・名前を呼んでも振り向かない
 ・落ち着きがなく、集中して遊べない
 ・友だちとうまく遊べない
 ・運動面の発達が心配

気になることがありましたら、まずはご相談ください。


こども発達支援センター

昭和54年8月  心身障害者福祉センター開設。
平成25年1月  こども発達支援センター開設。
        心身障害者福祉センターで実施していた児童に関する事業を移管。
平成25年11月  児童発達支援センター指定。
平成26年4月  相談事業・通所訓練事業を特定非営利活動法人発達支援研究所
        スプラウトに業務委託。


施設名:こども発達支援センター
所在地:光が丘三丁目1番1号
電話:03-3975-6251
FAX:03-3975-6252

対象者

発達に心配のある18歳までの児童

事業内容

相談事業(予約制)

練馬区では、発達に心配のある18歳までのお子さんを対象に、医師、心理士などの専門の職員が発達相談や医療相談を行い適切な支援につなげ、お子さんの健やかな成長をお手伝いします


診察室

初めてのご相談の方へ

相談は予約制です。電話または来所で随時お受けいたします。
お申込みの際には、お子さんのご様子に応じて以下のような聞き取りをさせていただきます。

お伺いさせていただくこと
 ・ご相談の内容、お子さんのご様子
 ・紹介者
 ・お子さんのお名前、保護者のお名前、住所、連絡先など
 ・相談の流れのご案内と今後のご連絡などについて

発達相談…発達の様子を聞き取り、必要な検査を行います。

       お子さんの年齢によって違いはありますが、発達検査は概ね1時間程度のお時間を
        いただいています。発達検査、知能検査のみのお申込みはできません。

医療相談…医師による相談を行います。
       必要に応じて適切な通所訓練事業につなげます。

       初めての相談は、1時間から1時間30分程度のお時間をいただいています。

発達相談にお越しいただく際に、お子さんのご様子を児童調査票(予診票)に記入のうえ持参していただいております。

郵送でお送りさせていただいておりますが、こちらからダウンロードしていただき、記入していただくこともできます。

二回目以降(継続)のご相談の方へ

二回目以降の医療相談のお申込みは、相談希望月の3か月前の初日(平日)の8時30分よりお受けいたします。

再診察予約日一覧
予約開始日
令和3年 6月分 3/1(月)
  7月分 4/1(木)
  8月分 5/6(木)
  9月分 6/1(火)
  10月分 7/1(木)
  11月分 8/2(月)
  12月分 9/1(水)
令和4年 1月分 10/1(金)
  2月分 11/1(月)
  3月分 12/1(水)

通所訓練事業

発達相談や医療相談の結果、支援が必要と判断されたお子さんを対象に通所訓練を行います。
年齢等により別表のような通所訓練のクラスがあります。
児童福祉法に基づく児童発達支援、放課後等デイサービスのクラスは、法令上の規定による自己負担があります。


理学・作業療法室

未就園児クラス、就園児クラスの編成
クラス名 年齢 通所時間帯 通所日数 組数 定員合計
つぼみ組 0歳児 1時間30分程度 月1日 1組 10名程度
つくし組 1歳半 2時間 週1日 3組 30名
たんぽぽ1~6組 2~5歳児 2時間 週2日 6組 60名
ちゅうりっぷ組 2~5歳児 4時間15分 2、3歳児 週2日
4、5歳児 週5日
1組 10名
就園児クラス 3歳児~ 1時間15分 月2~4日 25組 152名
そら組 未就園児 2時間 週1日 1組 20名程度

・就園児クラス(5歳児)で他の療育機関の利用を希望される場合は、ご相談ください。
・学齢児クラスは、月曜日から金曜日の午後4時から午後5時30分の間で1時間程度または土曜日の午前9時から午後5時の間で1時間程度の療育になります

訪問事業

児童福祉法に基づく居宅訪問型児童発達支援および保育所等訪問支援の訪問事業となります。法令上の規定による自己負担があります。
1 居宅訪問型児童発達支援
 (1)内容 
   重い障害や医療的ケアがある、感染症にかかりやすいなどの理由で外出することが難しいお子さんの居宅を支援員が訪問
   し、様々な遊びをと おして発達をサポートします。 
  (2)対象児
   練馬区にお住まいで、重い障害や医療的ケアがあり通所型の児童発達支援等を利用していない主に未就学のお子さん。
2 保育所等訪問支援 
 (1)内容
   お子さんが通園している保育園、幼稚園等を支援員が訪問し、集団生活のサポートや、保育園や幼稚園の先生と連携してお 
   子さんの成長、発達を支援していきます。
 (2)対象児
   練馬区にお住まいで、保育園、幼稚園等に通園するお子さん。 

家族支援事業、地域支援事業

通所訓練児童のご家族対象の講習会や、区民を対象とした発達障害等に関する理解を深める取り組みを行います。
また、障害児等の団体および地域住民に活動の場(多目的室、運動場等)を提供します。
ご利用には事前に団体登録を行う必要があります。手続きについては、施設にお問い合わせ下さい。

こども発達支援センターの貸出施設の申請書新規ウィンドウで開きます。

関係機関との連携

発達支援に関わる福祉・保健・教育・保育等の関係機関の連携会議を開催し、発達に心配のある児童への切れ目のない支援を提供します。

地域交流コーナー


地域交流コーナー写真

地域交流コーナーは、区民の方が懇談などで自由にご利用可能なスペースです。

令和3年度こども発達支援センター地域支援事業講演会の開催状況

令和3年度第一回講演会:注意欠如多動症の理解と対応―児童から成人までー

こども発達支援センター地域支援事業として第一回講演会を令和3年7月31日(土)に開催いたしました。                                           注意欠如・多動症(ADHD)は生来的に不注意や多動、衝動性がみられ、日常生活に支障を来しているような状態です。元気で明るく好奇心旺盛なことが多く、本来の子供らしさと捉えることもできるのですが、学習障害や自閉スペクトラム症などの併存症がみられる頻度も高く、何の対応もなく放置されて、失敗体験や叱責される経験が重なると自己評価が低下し、うつ、不安、不登校、さらには、その後の人生に大きな影響を及ぼしかねません。それを回避するため、必要な場合は親や教育関係者などの周囲がその子の特性を知り、環境を整えるなど様々な配慮をすることが求められます。場合によっては医療にかかることも必要になります。                                           本講演では、児童精神科医として第一線で長年活躍されてこられた武田先生に、児童期から成人期までの幅広い年齢層にわたるADHDの状態像の特徴とその対応の要点についてお話しいただきました。

講 師:武田 俊信 氏(龍谷大学文学部臨床心理学科教授 児童精神科医 練馬区立こども発達支援センター相談医)

区立施設における利用者満足度調査の結果報告について

令和2年度利用者満足度調査にご協力いただきまして、ありがとうございました。集計結果について、ご報告いたします。

自己評価結果について

令和2年度事業所における自己評価結果および保護者からの事業所評価の集計結果について、ご報告いたします。

児童発達支援

放課後等デイサービス

開館日時

開館日時

月曜日から土曜日(祝休日、年末年始を除く)の午前9時から午後5時30分(土曜日は5時まで)
ただし土曜日は一部事業での開館となります。

  • 活動の場の提供は年末年始を除く通年で実施
  • 多目的室の利用は午後9時30分まで

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

福祉部 障害者サービス調整担当課 こども発達支援センター  組織詳細へ
電話:03-3975-6251(直通)  ファクス:03-3975-6252
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ