このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

受動喫煙を防止するには

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 健康づくり
  5. たばこによる健康影響
  6. 受動喫煙を防止するには

ページ番号:828-715-881

更新日:2018年6月8日

受動喫煙を防止するには、施設内を「禁煙」にする方法と、喫煙場所と非喫煙場所を分けて喫煙場所からたばこの煙が漏れないように「分煙」する方法があります。

家庭における受動喫煙の防止

家庭での喫煙は、たばこを吸わない家族に対しても煙の被害を与えます。あなたにとって大切な家族にたばこによる健康被害を与えないためにも、家庭での対策も重要です。

  • 家の中は原則禁煙にしましょう。換気扇の下での喫煙や、ベランダでの喫煙でも煙は移動します。また、空気清浄機の設置だけでは、有害なガスは除去できません。家庭での受動喫煙の防止に最も効果的なのは、たばこを吸わないようにすることです。
  • 外出先では、禁煙席や禁煙車を選びましょう。

職場や施設における受動喫煙の防止

平成15年5月に施行された健康増進法の第25条では、「学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。」と定めています。

全面禁煙

建物の内部を全面禁煙にする方法。すぐにできて、経費がかからず、最も効果的な方法。

空間分煙

建物内の指定場所でのみ喫煙を可能とし、その他の場所は禁煙にする効果的な方法。例えば、空間を完全に仕切った喫煙室や、フロアや仕切りで空間を分ける喫煙コーナーの設置など。

時間分煙

空間分煙が困難な場合に、喫煙できる時間帯と禁煙時間帯を設ける方法。空間分煙に比べると空気環境の持続的な改善が得られず、分煙効果は低い。

参考

『おうちの中の目に見えない「キケン」タバコの煙のおはなし』

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康部 健康推進課 健康づくり係  組織詳細へ
電話:03-5984-4624(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ