このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスワクチン接種概要

ページ番号:350-835-983

更新日:2021年8月3日

概要

ワクチンの接種費用は無料です。ワクチン接種には予約が必要です

  • ファイザー社製ワクチンの場合、1回目の接種後、通常、3週間の間隔で2回目の接種を受けてください(接種後3週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください)。
  • 武田/モデルナ社製ワクチンの場合、1回目の接種後、通常、4週間の間隔で2回目の接種を受けてください(接種後4週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください)。

(注釈)2回目も必ず同じワクチンの接種を受けてください。

接種の意向確認を行い、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行います(12歳から15歳の方は保護者の同意)。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
区が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話、電子メールなどで求めることはありません。

実施期間

令和3年2月17日から令和4年2月28日まで

ワクチン接種のスケジュール

  • 接種券は全ての対象者に発送済みです。なお、12歳になる方は誕生月の翌月上旬に接種券を発送します

 ※各月1日生まれの方は、前月の誕生月に含めます。(例)8月1日生まれの場合、7月を誕生月と考え、8月上旬に接種券を発送します。

区の接種スケジュールの見通し

新型コロナワクチンを受けた後の注意点

新型コロナワクチンを受けた後の注意点のリーフレット

副反応が起きた場合

予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
救済制度の内容については、下記、厚生労働省ホームページをご参照ください。

新型コロナワクチンの副反応疑い報告について

今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告など、新型コロナワクチンの接種後の副反応(副作用)に関する情報について掲載されています。
下記、厚生労働省ホームページをご参照ください。

新型コロナワクチンの有効性・安全性について

ワクチンごとの情報などが掲載されています。

新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社製ワクチン・12歳から15 歳までのお子様の保護者の方へ)

新型コロナワクチンの接種対象となっている12歳から15 歳までのお子様の保護者の方への説明書です。

コールセンター(電話相談窓口)

お電話のおかけ間違いにご注意ください。
ワクチン接種の予約は受け付けておりません。

練馬区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター

練馬区で実施するワクチン接種についての問い合わせ
電話番号:03-5984-1633
受付時間:午前9時から午後5時(平日)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時(土日・祝日も実施)

東京都新型コロナウイルスワクチン副反応相談センター

接種後に副反応の症状が見られる場合の医療職への相談等
電話番号:03-6258-5802
受付時間:24時間対応(土日祝日を含む毎日)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

練馬区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話:03-5984-1633  ファクス:03-3993-6553

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ