このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

高齢者施設・障害者施設内における新型コロナウイルスワクチン接種について

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 感染症
  5. 新型コロナウイルス感染症関連情報
  6. 新型コロナワクチン接種について
  7. 高齢者施設・障害者施設内における新型コロナウイルスワクチン接種について

ページ番号:203-755-109

更新日:2021年5月15日

  • 練馬区に配分される高齢者接種用のワクチン第一弾(975人分)が4月中旬に供給されます。これに伴い、練馬区では、区内の特別養護老人ホームから接種を開始します。

新型コロナウイルスワクチン接種につきましては、(1)65歳以上の高齢者、(2)64歳以下の方で基礎疾患のある方高齢者施設の従事者、(3)その他の方の順番で接種を開始する予定です。基本的には、各医療機関または練馬区が用意した会場において接種が可能となります。ただし、高齢者施設等につきましては、その特殊性から特例として当該施設内で接種をすることが可能とされています。

接種対象入所者

下記要件に該当する方

要件1 対象施設

〇介護保険施設

・介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院

〇居住系介護サービス

・特定施設入居者生活介護、地域密着型特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護
〇老人福祉法による施設

・養護老人ホーム、軽費老人ホーム、有料老人ホーム

〇高齢者住まい法による住宅

・サービス付き高齢者向け住宅

〇生活保護法による保護施設

・救護施設、更生施設、宿所提供施設

〇障害者総合支援法による障害者支援施設等

・障害者支援施設、共同生活援助事業所、重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)、福祉ホーム

〇その他の社会福祉法等による施設

・社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)、生活困窮者・ホームレス自立支援センター、生活困窮者一時宿泊施設、原子爆弾被爆者養護ホーム、生活支援ハウス、婦人保護施設、矯正施設(患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)、更生保護施設


要件2 対象年齢

令和3年度中に65歳以上に達する方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
※64歳以下の方(昭和32年4月2日以降に生まれた方)については、次順位での接種となりますのでしばらくお待ちください。

入所者の接種の流れ

  1. 練馬区から接種券と予診票が住民票に記載の住所に届きます。
  2. 接種日当日に、(1)接種券、(2)記入した予診票※、(3)本人確認書類を用意する。 ※太枠内をご記入ください。接種希望書については原則ご本人の自署を記入ください。自署が困難な場合は、本人の意思を確認した上で、代筆者が記入してください。
  3. 施設内で接種する。(1回目接種)
  4. 2と3を繰り返す(2回目接種)
  5. ワクチン接種完了

高齢者施設・障害者施設の従事者の方へ

高齢者施設等の従事者につきましては、仮に施設内で新型コロナウイルス感染症が発生した後も、患者や濃厚接触者へのサービスを継続するとともに、クラスターを抑止する対応を行う必要がある。このため、高齢者の次の接種順位に位置付けられています。

  • 従事者の方の接種方法は以下のとおりです。

(1)医療機関や区が用意する会場での接種

施設従事者の接種順位については、高齢者に次ぐ順位となっています。医療機関や区が用意する会場にて接種を行います。
【接種までの流れ】

  1. 住民票所在地の自治体から送付される接種券などが入った封筒を受け取る
  2. 従事中の施設から発行される、高齢者施設等の従事者であることの「証明書」を受け取る
  3. お知らせなどをご覧いただき、接種会場を予約する
  4. 予約当日、会場に接種券予診票本人確認書類証明書を持っていき、接種する

※原則、住民票所在地での接種となります。

(2)従事している施設の入所者と同時に接種

※ワクチンの供給状況から、重症化リスクの高い高齢者施設入所者への接種を優先するため、従事者の方の同時接種は実施しておりません。

入所者用のワクチンが余った場合

施設入所者への接種時に、体調不良などによるキャンセルが発生し、ワクチンが余った場合は、以下の手順で接種を希望する施設従事者へ接種してください。

  1. 予診票をダウンロードして記載してください。
  2. 接種を実施します
  3. 「新型コロナワクチン接種記録書」をダウンロードし、ワクチンと一緒に配送されるロッドシール(3枚組の小さなシール)の1枚を貼付し、被接種者の接種済証としてご活用ください。※残りの2枚のシールは後日送付する接種券付き予診票に貼付してください。
  4. 接種者リストを練馬区住民接種担当課へ「施設従事者接種報告票」にて報告してください。
  5. 区から施設あてに、接種を行った従事者分の「接種券付き予診票」を送付します。
  6. 事前に記載した予診票の内容を接種券付き予診票に転記して、請求に使用してください。

令和3年3月1日(月)に高齢者施設向けの説明会を開催いたしました

当日にいただいた質問に対する回答を掲載します。

高齢者施設・障害者施設宛の送付資料(令和3年4月19日分)

ご本人様やご家族の方への説明にご利用ください

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

練馬区新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話:03-5984-1633

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ