このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬区酸素・医療提供ステーションで「抗体カクテル療法」を開始しました

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 感染症
  5. 新型コロナウイルス感染症関連情報
  6. 練馬区酸素・医療提供ステーションで「抗体カクテル療法」を開始しました

ページ番号:923-431-156

更新日:2021年10月18日

区は、10月18日から、新型コロナウイルス感染症の軽症・中等症患者の重症化を防ぐため、練馬区酸素・医療提供ステーションで、「抗体カクテル療法」を開始しました。
酸素投与を行う病床(現10床)に加えて、新たに抗体カクテル療法専用の病床を11床設置しました。
今後も、医療を必要とする方の症状に応じて、適切に医療サービスを提供するため、引き続き医療提供体制の更なる強化を図っていきます。

抗体カクテル療法の概要

開始日:10月18日(月)
病床数:11床
対象者:東京都中和抗体薬治療コールセンターから受入れの要請があった方
治療の流れ:点滴で薬を投与し、投与後に副反応が生じないか、経過観察を行います。
※抗体カクテル療法の開始に伴い、施設の名称を「練馬区酸素ステーション」から、「練馬区酸素・医療提供ステーション(最大病床数35床)」に変更

(参考)酸素・医療提供ステーションの概要

練馬区に設置された酸素・医療提供ステーションは、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく、臨時の医療施設です。東京都の酸素ステーション事業に協力し、施設の整備・運営を行います。救急要請した自宅療養中の新型コロナウイルス感染症患者のうち、軽症等の方を受け入れ、医師の指示のもと、酸素投与等を行います。
(1)設置場所:光が丘第七小学校跡施設(光が丘二丁目6番1号)
(2)開設日:9月17日(金)
(3)ベッド数:10床(開設当初)※将来的に、最大で35床使用可
(4)職員体制:医師・看護師による24時間体制

お問い合わせ

地域医療担当部 自宅療養環境整備担当課 療養環境整備担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1271  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス感染症関連情報

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ