このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 学ぶ・楽しむ の中の 文化・教養・芸術 の中の みどりの風 練馬薪能 の中の みどりの風 区民コンサート出演団体情報 のページです。

本文ここから

みどりの風 区民コンサート出演団体情報

更新日:2016年9月12日

みどりの風 区民コンサートには石神井を中心に活躍する、伝統文化、音楽、スポーツの団体の皆さんが出演します。

石神井町囃子連

石神井町囃子連

石神井囃子の起源は未詳ですが、明治30年代には世田谷区経堂の囃子の師匠から教えを受けたと伝えられています。小気味の良いスピードのあるテンポの囃子と寿獅子や大黒舞の出る付随芸能に特徴があります。平成元年に練馬区登録無形民俗文化財に登録されました。
曲調は経堂流、早間はやまで、曲目は打ち込み、屋台、鎌倉国固め、仕丁目しちょうめ、玉入れ、屋台で組まれています。現在、石神井町内の神社、氷川神社、石神井神社、稲荷神社の祭礼の際に公開演奏を行っています。

練馬区新体操連盟

練馬区新体操連盟

東京オリンピックに向けて、子供達の育成、強化を目指しています。
「DIVA RG TOKYO」「DIVA RG」2015全日本クラブ選手権3位入賞。全日本クラブ団体選手権シニアの部8位。2015関東ジュニア選手権大会出場。2016関東ジュニア選手権大会出場。関東中学校新体操選手権大会出場。2016年全日本クラブ団体選手権ジュニアの部7位入賞。
「練馬新体操クラブ」新体操、体操祭出場。
「ティアラ RG」アザレアカップジムナストラーダリズミック賞受賞。立川フレンドシップ出場。

クニトインターナショナルオーケストラ

クニトインターナショナル

平成25年1月に石神井公園を拠点に、音楽監督・西谷国登にしたにくにと氏により創立。海外より音楽大学教授を招待しマスタークラスを開催したり、定期演奏会の模様をメディアに特集されたり、オーケストラ活動を通して楽団も楽団員も成長しています。自由で楽しい雰囲気の中で音楽を学び、英語が飛び交いながら練習を行っております。また、昨年、附属ソルフェージュクラスも特設され、楽しみながら国際的で一流のユースオーケストラを目指しています。「石神井インターナショナルオーケストラ」と姉妹オーケストラとして互いに協力活動中。

石神井インターナショナルオーケストラ

石神井インターナショナルオーケストラ

平成25年1月、石神井公園を拠点に新しいオーケストラとして音楽監督・西谷国登にしたにくにと氏により創立。愛称「しゃくオケ」として、楽団員や地元の方々に親しまれ活動中。これまでに、海外音楽大学教授を招き定期演奏会にて共演したり、ジャマイカ大使より楽器寄贈の貢献から表彰されたり積極的に国際活動や国際貢献を行っています。メディアにも取り上げられ、石神井から世界へ精力的に活動。また、出発点である石神井商店街のふれあい広場でも公開練習やプレ演奏会等も行っています。

石神井中学校吹奏楽部

石神井中学校吹奏楽部

石神井中学校吹奏楽部では、「愛あふれる吹奏楽部」を目指して、自分たちの音楽への愛が、聴いていただく人に届くように、部員47名で練習に取り組んでいます。夏休みに行われた平成28年度東京都中学校吹奏楽部コンクールでは、B組に出場し、4年連続となる金賞を受賞しました。石神井地区祭、練馬区中学校連合音楽会、文化発表会など、校内外で演奏しています。

プロデューサー

西谷 国登にしたに くにと(指揮者・バイオリニスト)

プロフィール

西谷国登

練馬区石神井出身、区立光和小学校・石神井中学校卒業。
ニューヨーク大学大学院修了(M.M.特別奨学金含む)。ポートランド州立大学卒業(B.M.4年連続奨学金授与)。第25回日本クラシック音楽コンクール優秀指導者賞受賞。2010年まで複数の米大学にて講師を務める。現在、石神井インターナショナルオーケストラ音楽監督、クニトインターナショナルオーケストラ音楽監督ほか。練馬区演奏家協会会員。日本弦楽指導者協会会員(JASTA)。

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 文化事業担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4723(直通)  ファクス:03-5984-1228
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る