このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 学ぶ・楽しむ の中の 文化・教養・芸術 の中の みどりの風 練馬薪能 の中の みどりの風 練馬薪能 開催概要 のページです。

本文ここから

みどりの風 練馬薪能 開催概要

更新日:2017年6月22日

 昨年初めて開催した「練馬薪能」は、私の予想をはるかに上回る、美しく感動的なものでした。くらく鎮まる石神井の森を背景に、揺らぐかがり火の下、光と影のコントラストが鮮やかな、しかも幽玄な舞台となりました。観客の方々からも「この練馬で、梅若万三郎氏と野村万作氏という日本を代表する演者の舞台を楽しむことができた」「こうした質の高い文化芸術を待っていた」など、高い評価をいただきました。区民の皆様が、地元で優れた芸術を鑑賞する機会を待ち望んでいたことを、心から実感いたしました。
 記念公演の演目は、能が「紅葉狩鬼揃」、狂言が「棒縛」です。紅葉狩鬼揃は、あでやかな般若が揃い立つ、華やかで意外性に富む曲です。棒縛は、縛られたまま酒を飲む、遊び心豊かな狂言の代表作の一つです。
 「練馬区」ならではの舞台の「花」を皆様に楽しんでいただきたいと思います。

 練馬区長  前川まえかわ 燿男あきお

開催概要

日時

平成29年10月14日(土曜) 午後5時開演(午後4時15分開場)

会場

石神井松の風文化公園 花と木立のひろば(石神井台1丁目33番44号)

石神井松の風文化公園 花と木立のひろば
会場:石神井松の風文化公園 花と木立のひろば

  • 当日は石神井公園駅から会場近くまでの無料送迎バスを運行します。
  • 雨天の場合は、練馬文化センターで開催します。

出演・演目

梅若万三郎・梅若紀長・野村万作・野村萬斎
左から梅若万三郎・梅若紀長・野村万作・野村萬斎

 狂言の人間国宝で、練馬区名誉区民の野村万作さんがプロデュースして開催する「みどりの風 練馬薪能」は、重要無形文化財総合指定保持者の梅若万三郎さん・紀長さんと野村万作さん・萬斎さん親子二世代が共演します。

狂言

「棒縛」 野村 萬斎・野村 万作 他

  • あらすじ

 二人の家来が、留守番中に酒蔵の酒を盗み飲んでいると知った主人は、太郎冠者を棒に、次郎冠者を後ろ手に縛って出かけてしまう。それでも酒が飲みたい二人は知恵を絞り、縛られたまま酒を飲むことについに成功する。酔った二人が謡えや舞えやと大騒ぎしていると・・・。
 自由の利かない手で酒蔵の戸を開けたり、舞いを舞ったりと、遊び心に裏付けされた自由さがある作品です。観ているこちらも心楽しくなれる、狂言の代表作の一つです。

「紅葉狩 鬼揃」 梅若 万三郎・梅若 紀長 他

  • あらすじ

 信濃しなのの国(長野県)、戸隠山とがくしやまで紅葉狩を楽しむ女達に出会った平維茂たいらのこれもち一行は、酒宴しゅえんに招かれ、美しい舞と酒に寝入ってしまう。すると、維茂の夢の中に末社まっしゃしんが現れ、神剣を授けると女達の本性は鬼女なので退治するよう、お告げを受ける。やがて、正体を現した鬼女達は維茂に襲い掛かるが、神剣を振るう維茂に切り伏せられるのだった。
 今回は、《鬼揃おにぞろえ》の小書こがき(特殊演出)により前場の酒宴の舞、後場の鬼女の登場など通常の演出より華やかな舞台となります。

※注釈:内容等は予告なく変更になる場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 文化振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1284(直通)
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る