このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の 農業 の中の 農業に関する情報(統計、冊子、計画、放射性物質検査結果など) の中の 放射性物質検査結果 の中の 練馬区を含む都内産堆肥中の放射性物質検査の結果について のページです。

本文ここから

練馬区を含む都内産堆肥中の放射性物質検査の結果について

更新日:2013年3月26日

経過

 福島第一原子力発電所事故による放射性物質降下の影響を受け、堆肥等が高濃度の放射性物質を含有する可能性があることから、国は、平成23年8月1日付けで堆肥等に含まれる放射性物質の暫定許容値を以下のとおり設定しました。

・堆肥等に含まれる放射性セシウムの暫定許容値…400Bq(ベクレル)/kg

 暫定許容値の設定に伴い、製造者は堆肥等に含まれる放射性セシウムが400Bq/kgを下回っていることを確認したうえで、販売・譲渡を行うこととなっています。

 一方で、農業者の方には、落ち葉や剪定枝等を原材料として自家製の堆肥を生産、使用している方がいます。これらの方が生産した堆肥は一般に流通するものではありませんが、畑への使用にあたっては、堆肥中の放射性セシウムが400Bq/kgを下回っていることを確認する必要があります。

 そのため、東京都は、検査が必要と思われる練馬区を含む都内の農業者の方が生産した堆肥中の放射性物質について、検査結果が判明するまで使用を控えるよう指導し、検査を実施しました。

検査の概要

検査主体

 東京都

検査対象となる堆肥

 農業者が自らの経営農地以外の材料を使用して生産した堆肥

検査機関

 (地独)東京都立産業技術研究センター

練馬区内の検査検体数

 30検体

練馬区内産堆肥の検査結果

 練馬区内産の堆肥について30検体の検査を実施した結果、2検体から暫定許容値を上回る放射性セシウムが検出されました。
※今回の検査で暫定許容値を超える放射性セシウムが検出された堆肥は、畑には使用しておらず、一般に流通していません。

1 練馬区内産堆肥中の放射性物質検査の結果(暫定許容値を超えた2検体)
  主な原材料 検査結果【放射能濃度(Bq/kg)】
放射性ヨウ素131 放射性セシウム
134 137
1 落葉、剪定枝 不検出(<16) 410 520 930
2 剪定枝 不検出(<17) 200 220 420

※()内は検出限界値(現在の測定方法や測定機器で測定できる一番小さな値)

暫定許容値を超えた堆肥の取扱い

 上記の堆肥については、すでに廃棄物として処分されています。

東京都内産堆肥の検査結果

検査結果に関するお問い合わせ

 東京都 産業労働局 農林水産部
 電話 03-5320-4834

練馬区内産農産物を含む都内産農産物中の放射性物質検査について

 東京都は、練馬区を含む都内産農産物についても検査を実施しています。検査の結果、練馬区内産の農産物で暫定規制値を超える結果は出ていません。詳しくは下記リンク先をご参照ください。

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

都市農業担当部 都市農業課 農業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1403(直通)  ファクス:03-3993-1451
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る