このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の 広報 の中の できごと(写真ニュース) の中の 2017年 の中の 2017年3月 の中の 「練馬こぶしハーフマラソン2017」を開催 のページです。

本文ここから

「練馬こぶしハーフマラソン2017」を開催

更新日:2017年3月26日

とき  平成29年3月26日(日曜)
ところ スタート・ゴール:都立光が丘公園(光が丘4丁目1番1号)

親子でフィニッシュ!(マイルラン)
親子でフィニッシュ!(マイルラン)

中学生も全力疾走!(マイルラン)
中学生も全力疾走!(マイルラン)

練馬こぶしハーフマラソン2017が開催され、約5,000人のランナーが早春の練馬路を疾走しました。

大会の様子

大会の様子
大会の様子

日本全国から参加したランナーたちが、笹目通り、目白通り、環八通り、川越街道の幹線道路のほか、今大会から新たに加わった、練馬区が誇る遊園地「としまえん」内を走るコースなど、バリエーションに富んだコースを楽しみながら疾走しました。

大会には、谷川真理さん、藤原新さん、練馬区在住の吉田香織さんがゲストランナーとして参加。ロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新さんは、沿道の声援に応えて日本トップクラスの走りを披露しました。

親子でも楽しめる新しい取り組み

区独立70周年記念事業として、小学生親子と中学生が1.6キロメートルを走る「マイルラン」も初めて行われ、楽しくランニングする親子や、記録を目指し全力疾走する中学生の姿も見られました。

ランナーも来場者も練馬の魅力を満喫

会場に設けられた光が丘公園けやき広場イベント会場には、40近くの団体が出店。
大勢の来場者が、大型ビジョンでマラソン中継を観戦したり、ゲストランナーのほか、オリンピック金メダリスト荻原健司さんや金藤理絵選手、練馬区在住で車椅子バスケットボール日本代表の石川丈則選手によるスペシャルトークショーや飲食エリアなどを楽しみました。
また、レース終了後、練馬産大根を使用したすずしろ汁が振る舞われ、ランナーたちはレースで疲れた体を癒していました。

お問い合わせ

シティマラソン担当課 シティマラソン担当係 電話:03-5984-3555

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

2017年3月

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る