このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の 啓発 の中の 人権・男女共同参画 の中の 人権 の中の イベント情報 の中の 発達障がいと人権(人権セミナー4)【応募者が定員に達しました】 のページです。

本文ここから

発達障がいと人権(人権セミナー4)【応募者が定員に達しました】

更新日:2014年1月7日

発達障がいと人権 映画:DX(ディスレクシア)な日々 ―ちゃんの場合―上映と講演【応募者が定員に達しました】

「ディスレクシア」という発達障がいをご存じでしょうか?知的には問題なく、理解力もあるのに、文字や数字の読み書きや計算がうまくできない症状のことをいいます。見た目も会話も普通なので社会になかなか理解されず、就職や日常生活に大きな困難を伴う一方、周囲の適切なサポートにより、才能を開花させる人たちが大勢います。今回の人権セミナーでは、当事者である講師が出演するドキュメンタリー映画の上映と講演を交えながら、障がいのある人もない人もお互いを支え合い、理解し合いながらともに生きていくことのできる社会について考えます。

講師: 砂長美んすなながびん さん


砂長美んさん

講師略歴
 本名、砂長宏子すなながひろこさん。「美ん」ちゃんとは、小さな頃からビン(瓶)のようにスマートであったことにちなんで付けた愛称。学校の勉強では、子どもの頃から試験問題の意味は分かっていても、どんなに頑張っても文字の読み書きなどにミスが多く、日本での大学受験を諦めてロンドンの美術大学に入学。その時に初めて自分がディスレクシアである可能性を指摘される。帰国後に就職するが、周囲の理解・協力が得られず、何度も解雇される。偶然、インターネットでディスレクシアの支援活動をしているNPO法人のホームページを見て、苦しんでいるのは自分だけではないことを知り、前向きに生きていくことを決意。得意の料理や、絵画、ヘアメークなど多彩に活躍している。

上映作品

DX(ディスレクシア)な日々 ―美んびんちゃんの場合―
2011年 日本映画(上映時間81分)  企画・撮影等:谷光 章
砂長美んびんさんの日常生活などを描いたドキュメンタリー映画です

日時

平成26年1月27日(月) 午後7時から9時(午後6時30分開場)

場所

練馬区役所本庁舎20階 交流会場 ※西武池袋線・都営地下鉄大江戸線練馬駅から徒歩約10分

応募者が定員に達しました

事前申込制(申込順) 1月7日に定員40名に達しました。ご応募ありがとうございました。 

お問い合わせ、主催

練馬区総務部人権・男女共同参画課 人権啓発担当係
電話:03-5984-1452(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)
電子メール:jinkendanjo@city.nerima.tokyo.jp

その他

保育室はありません。あらかじめご了承下さい。

お問い合わせ

総務部 人権・男女共同参画課 相談支援担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1497(直通)  ファクス:03-3993-6512
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

イベント情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る