このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の 啓発 の中の 人権・男女共同参画 の中の 人権 の中の イベント情報 の中の 平成29年度 人権週間行事「講演と映画の集い」  ※申込を終了しました のページです。

本文ここから

平成29年度 人権週間行事「講演と映画の集い」  ※申込を終了しました

更新日:2017年12月11日

12月4日から12月10日は人権週間です。
1948年12月10日、国連で「世界人権宣言」が採択されたことを記念して、毎年12月10日が「世界人権デー」と定められました。日本では12月10日までの一週間を人権週間として、全国で人権尊重を訴えるイベントなどが行われます。練馬区でも毎年、人権週間にちなみ「講演と映画の集い」を開催しています。
人権は誰もが生まれながらに持っている、人間らしく幸せに生きていくための権利です。しかし、障害者や高齢者、外国人などに対する差別や、配偶者、子どもへの暴力などの問題がいまだに存在しています。地域で心地よく暮らすためには、相手の立場を思いやり、お互いの人権を尊重することが大切です。今年度の「講演と映画の集い」では探検家・医師の関野吉晴さんの講演と、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」の上映を通じて人権について考えます。

講演「グレートジャーニー 地球を歩いて考えたこと」

関野吉晴さんは、アマゾン全域の踏査や人類が世界に拡散していった歴史をたどる旅「グレートジャーニー」など数多くの探検を成し遂げた方です。今回、関野さんから、旅先で出会った人たちとの交流を通じて、人権の尊重についてお話を伺い、私たちにできることは何かを考えます。
※注釈:手話通訳・要約筆記あり

講師 関野吉晴さん(探検家・医師)

講師:関野吉晴さん(探検家・医師)
関野吉晴さん

講師略歴
一橋大学在学中に探検部を創設、アマゾン全域踏査隊長としてアマゾン川全域を下る。その後、現地での医療の必要性を感じ、横浜市立大学医学部へ入学、医師となり、南米への旅を重ねる。1993年から2002年にかけて、アフリカで誕生した人類がユーラシア大陸を通ってアメリカ大陸に拡散した道を、南米最南端から逆ルートでたどる「グレートジャーニー」に挑んだ。2004年からは「新グレートジャーニー、日本列島にやって来た人々」をスタート。シベリアから稚内までの「北方ルート」、ヒマラヤからインドシナを経由して朝鮮半島から対馬までの「中央ルート」、インドネシア・スラウェシ島から石垣島までの「海のルート」を踏破。著書、写真集多数。
1999年植村直己冒険賞受賞。現在、武蔵野美術大学教授。

映画「湯を沸かすほどの熱い愛」


映画「湯を沸かすほどの熱い愛」

(c)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会
2016年
日本映画
上映時間125分
※注釈:日本語字幕・音声ガイド付き
監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李 他

あらすじ
銭湯「幸(さち)の湯」を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。
そんなある日、突然「余命わずか」という宣告を受ける。その日から彼女は、「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。
その母の行動は、家族からすべての秘密を取り払うことになり、彼らはぶつかり合いながらもより強い絆で結びついていく。そして家族は、究極の愛を込めて母をおくることを決意する。

中学生の人権作文の発表

講演に先立ち、区立中学校生徒による人権作文の朗読があります。毎年、東京都人権擁護委員連合会および東京法務局主催により「全国中学生人権作文コンテスト東京大会」が開催されます。今年度、練馬区立中学校から寄せられた応募作品の中から代表作品として選定された二作品を発表します。

日時・会場

平成29年12月12日(火曜)午後1時〜4時50分(午後0時30分開場)
練馬文化センター小ホール

参加できる方

練馬区内在住・在勤(在学)の方

往復はがきによる事前申込み制 入場無料 (定員550名)

応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※注釈:往復はがきの料金が変わりました。旧料金のはがきを利用する場合は、不足分の切手を貼ってください。

申込方法

往復はがき(片道分62円のため、往復124円)に
(1)「講演と映画の集い」
(2)参加者全員の住所・氏名(ふりがな)・年齢【区内在勤・在学の方は勤務先または学校名も】
(3)申込代表者の氏名・電話番号
を記入の上、平成29年11月22日(水曜)までに
〒176-8501 区役所内 人権啓発担当係へ
1通で2名まで申し込めます。(家族の場合は何名でも可)
抽選結果は11月30日(木曜)以降にはがきでお知らせします。

保育室(1歳以上の未就学児対象、定員8名)の利用をご希望の方は
申込みの往復はがきに
(1)「保育室利用希望」
(2)お子様の氏名(ふりがな)・年齢
も合わせてご記入ください。

車いす席(定員4席)、難聴者用イヤホン、映画の音声ガイド(視覚障害者の方などのために映画のシーンを音声で説明するレシーバー)、手話通訳・要約筆記を見るための優先席の利用をご希望の方は、申込みの往復はがきに希望するものをご記入ください。

お問い合わせ

総務部 人権・男女共同参画課 人権啓発担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1452(直通)
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

イベント情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る