このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 住まい・交通・道路 の中の 総合治水 の中の 雨水浸透施設の助成について のページです。

本文ここから

雨水浸透施設の助成について

更新日:2016年4月8日

 自宅内に雨水浸透施設を設置する場合、一定条件のもとで助成金が交付されます。さらに、雨水浸透施設の設置が困難な場合か、合わせて雨水浸透施設を設置する場合、雨水タンクの購入費用の一部を助成しています。

雨水浸透施設とは?

雨水浸透施設イメージ
雨水浸透施設イメージ

 雨水浸透施設とは、屋根に降った雨水を地下に浸透させる施設で、一般的に雨水浸透ます雨水浸透トレンチ管(穴のあいた排水管)の2種類をいいます。

助成の対象者

敷地の所有権または借地権を有する個人(法人所有家屋は対象外です)。

助成の要件

助成要件
(1)敷地面積が500平方メートル(約150坪)未満の家屋であること。
(2)申請者が特別区民税・都民税および軽自動車税を滞納していないこと。
(3)家屋が、練馬区まちづくり条例に基づく開発事業によるものでないこと。
(4)過去に同一家屋で、この助成制度を用いて施設を設置していないこと。
(5)工事は東京都の指定排水設備工事事業者が行うこと。

注:雨水タンクは、雨水浸透施設の設置に合わせて購入する場合と、雨水浸透施設の設置が困難な場合
  に助成対象となります。また、雨水タンクのみで助成を受ける場合、(5)の条件は除くことができます。

助成内容

  • 雨水浸透施設、付帯施設工事の助成は、区の定める単価の合計額で、限度額40万円になります。そのうち付帯施設工事は10万円以内で、付帯施設だけの助成はできません。
  • 雨水タンクの助成は、消費税を含んだ本体価格の2分の1で、限度額2万5千円になります。雨水の貯留、利用を目的に生産された既成商品であれば、形状、容量、メーカー等は問いません。

※限度額内であれば、設置する施設の内訳は自由に決めることが出来ます。

申請に必要な書類

  • 雨水浸透施設整備助成金交付申請書〔第1号様式〕
  • 雨水浸透施設配置図〔下水道局届のものと同程度のもの〕
  • 案内図〔住宅地図の写しなど〕
  • 公図〔東京法務局練馬出張所で取得できます〕
  • 登記事項要約書〔東京法務局練馬出張所で取得できます〕

※注釈1
 申請者が借地権を有する場合、借地権の証明となる契約書等の写しを添付してください。
 また、既製品および雨水タンクの助成を受ける場合は、製品の規格等がわかるもの(カタログ等)を添付してください。

※注釈2
 雨水浸透施設の設置が困難な場合、雨水タンクのみの助成が受けられます。職員が現場に伺い、判断いたしますので、お問い合わせください。

※注釈3
 予算執行状況により受付できない場合がありますので、事前にお問い合わせください。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

土木部 計画課 総合治水係  組織詳細へ
電話:03-5984-2074(直通)  ファクス:03-5984-1237
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る