このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 出産・子ども の中の 保育が必要なとき の中の 保育園 の中の 入園に関すること の中の 申込みについて の中の 申請から利用までの流れ のページです。

本文ここから

申請から利用までの流れ

更新日:2017年10月13日

申請から利用までの流れ

1.必要な書類の準備

  • 保育園等を利用するためには保育の必要性の認定を受けることが必要です。
  • 提出が必要な書類は、世帯(保護者)の状況により異なります。
  • 提出された書類(『就労証明書』等)は、保育の必要性の認定と利用調整の審査の双方に使用します。

※ 提出された書類は返却できません。必要な方はあらかじめコピーをお取りください。
※ 『 』で表示された書類は区で定めた様式です。区の様式以外は受け付けできません。

2.希望する保育園等を選ぶ

  • 保育園等により、利用できる年齢や保育時間および延長保育料等が異なります。保育園等一覧で必ずご確認ください。
  • 希望順位は利用調整には影響しません。通園できる範囲で、利用したい順に選んでください。
  • 希望する施設(地域型保育事業含む)について、事前の見学をおすすめします。見学を希望される際は、各施設へ直接お問い合わせください。
  • 平成30年4月からの申込みにあたっては、区のホームページに、前年度4月1次利用調整における最低指数(各クラスの内定者のうち最も低い指数)を掲載しておりますので、参考としてください。

3.保育の必要性の認定申請および利用申込み

  • 利用希望月ごとに申込締切日が決まっています。申込締切日の受付時間までに受理した申込書が利用調整の対象になります。
  • お子さまの発達や健康状況に心配がある方は、個別にご相談をお受けしています。お早めに保育課保育支援係へご相談ください。なお、障害児保育の1〜3月入園は行っていません。
  • 入園は毎月1日付(3月入園は行いません。)で、月の途中からの入園はありません。

4.保育の必要性の認定および利用調整

  • 提出書類に基づき、児童ごとに保育の必要性を認定します。認定後、利用希望に沿って利用調整を行います。申込者数が受入可能数を超えた場合は、練馬区保育実施基準表に従って保育指数と調整指数を合算した指数の高い児童から入園を内定します。
  • 必要に応じて、保育課入園相談係保育認定係から家庭や職場への訪問や電話等で調査・確認を行います。

5.保育園等の内定(結果発表)

  • 内定した場合には、前月20日頃に保育課入園相談係から原則電話で連絡します。(月によっては、内定発表が20日を過ぎることがあります。)4月入園の1次利用調整のみ、利用調整の結果を文書で通知します。
  • 内定を辞退すると、申込書も取下げになります。改めて保育園等の利用を希望する場合は、申込書類一式の再提出が必要です。
  • 1月入園および2月入園の利用調整で内定し、内定を辞退した場合、再度お申込みできるのは4月2次利用調整からとなりますので、ご注意ください。


内定後に、家庭の状況が申込み時と異なることが判明したときは、内定を取り消すことがあります。

6.面接・健康診断 利用契約

  • 内定した保育園等で、面接・健康診断を行います。入園月の1日までに面接・健康診断を受けない場合、内定取消しになります。
  • 面接・健康診断で集団生活ができないと判断された場合は入園できません。
  • 内定の有無にかかわらず、児童ごとに保育の必要性を認定した「支給認定通知書」を送付します。
  • 文書により保育料等を通知します。

7.入園(利用開始)

  • 保育園等と利用契約をします。
  • 入園後は慣れ保育を行います。
  • 入園した月に1日も登園がない場合、入園月の翌月1日付けで退園になります。

入園(利用)できなかった場合

1. 最初の入園希望月の利用調整終了後に『保育利用保留通知書』を送付します。通知書には申込日、利用調整対象月および申込書の有効期間の記載があります。通知書は原則として、最初の入園希望月のみ送付します。※必ず有効期間をご確認ください。 
(例)12月から入園希望の申込みの場合、11月末日に発送します。

2. 申込書の有効期間は、申込日の翌月から数えて最長で6か月後の利用調整までです。
(例)
10月7日に11月入園希望の申込書提出→有効期間は11月入園から翌年度4月入園の利用調整まで
11月24日に2月入園希望の申込書提出→有効期間は2月入園から翌年度5月入園の利用調整まで

3. 申込書の有効期間内に希望保育園等に欠員が生じた場合、利用調整の対象になります。

4. 申込書の有効期間内に申込み時の状況から変更があった場合、書類の提出が必要です。

5. 申込書の有効期間が経過し再度申込書を提出する場合には、改めて申込書類一式が必要です。
なお、1・2月入園と4月入園の利用調整については、申込締切日が他の月に比べ早くなっておりますので、再申込みの際はご注意ください。
(例)平成30年2月入園利用調整まで有効な申込みをしており、平成30年4月以降も引き続いて申込みを希望する場合は、平成29年12月1日までに再度申込みを行う必要があります。

お問い合わせ

こども家庭部 保育課 入園相談係  組織詳細へ
電話:03-5984-5848(直通)  ファクス:03-5984-1220
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る