このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 出産・子ども の中の 保育が必要なとき の中の 保育園 の中の 入園に関すること の中の 保育園等の入園に関するQ&A のページです。

本文ここから

保育園等の入園に関するQ&A

更新日:2017年10月13日

申込みに関すること

Q.申込みは早いほうが有利ですか?

 A.申込みの時期により、利用調整上有利または不利になることはありません。利用調整は、保育を必要とする状況から指数を算定し、保育園等ごとに、その指数の高い児童から順に内定します。

Q.定員に空きのない保育園等も希望することはできますか?

 A.可能です。申込み時点で定員が埋まっていても、利用調整までに退園等により欠員が生じ、利用調整対象になる場合があります。申込み時点の空き状況にかかわらず、通いたい順番で希望保育園等をご記入ください。

Q.申込み後、希望保育園等を変えることはできますか?

 A.可能です。申込締切日までに、『保育園等利用申込内容変更届』をご提出ください。申込締切日を過ぎて提出された場合は、次の利用調整から反映します。なお、電話・FAX・メールでは受付けできません。

Q.希望保育園等は多く書いたほうが有利ですか?

 A.利用調整は希望保育園等ごとに行います。入園後の送迎を考慮し、通える範囲で、通いたい順番でご記入ください。毎年、自宅から遠いことや延長保育が利用できないことなどの理由により、内定を辞退する方が多くいらっしゃいます。希望保育園等を選ぶ際は十分にご確認ください。
 なお、内定を辞退すると申込書は取下げになります。

Q.家庭的保育事業(保育ママ)を希望しています。『保育園等一覧』に土曜日・延長保育の利用について「要相談」と書かれている場合がありますが、事前に相談すれば必ず利用できますか?

A.保育ママごとに土曜日・延長保育の実施条件が異なりますので、必ずしも利用可能なわけではありません。

Q.勤務先に『就労証明書』を依頼しようと思っています。証明してもらうのに時間がかかるものですか?

 A.勤務先によっては、証明書の発行に時間がかかることがあります。余裕をもってご準備ください。なお、証明書は申込書を提出する月の前月1日以降に証明されたものをご提出ください。会社印または代表者印のないものは無効になりますのでご注意ください。

Q.育児休業給付金支給決定通知書は、2か月に1回送られてくるので複数あります。全部提出するのですか?

 A.全てを提出する必要はありません。できるだけ直近に発行されたもののコピーをご提出ください。

Q.申込みに必要な書類がすべて揃わないと利用調整の対象にならないのでしょうか?

 A.申込締切日時点で提出されている書類をもとに指数を算定し利用調整を行います。不足書類があっても利用調整の対象になりますが、指数が本来より低く算定されるなど、利用調整上は不利になる場合があります。

Q.病気のため、診断書を提出するつもりですが、病名や症状のほかに、何か書いてもらうことはありますか?

 A.家庭で保育ができない状況(可能な限り詳細に)と療養期間を記載してもらってください。

Q.申込締切日後に家庭状況(住所、家族構成、仕事、保育状況等)が変わりました。書類の提出は必要ですか?

 A. 申込み後、家庭状況に変更があった場合は、『保育園等利用申込内容変更届』および関係書類をご提出ください。
 申込み内容と異なる状況が判明した場合は、内定の取消しあるいは退園になる場合があります。

Q.窓口が混雑するのはいつごろですか?

 A.毎月の申込締切日直前は混雑しております。
 なお、例年11月後半以降は翌年度4月入園に向けたご相談・申込みが増えるため大変混雑します。時間に余裕をもってご来庁ください。

利用調整に関すること

Q.9時から17時までの勤務で、昼休みが1時間あります。何時間の就労になりますか?

 A.居宅外で勤務している場合は、休憩時間を含みますので、8時間の就労となります。居宅内(在宅勤務)の場合は、休憩時間を含みませんので、7時間の就労になります。

Q.実施基準表にある「常態」とはどのようなことですか?

 A.就労している期間を通して、一定の勤務時間を継続している状態のことをいいます。例えば、週5日勤務のうち、3日が8時間の就労、2日が6時間の就労の場合、週を通して常に就労をしているのは6時間ですので、6時間が常態となります。

Q.同じ勤務日数・勤務時間の場合、正社員のほうが有利ですか?

 A.保育指数は、勤務日数・時間の契約内容と勤務実績を基に算定するため、雇用形態は利用調整に影響しません。

Q.指数が同点の場合、住民税額が低額の世帯を優先するのはなぜですか?

 A.保育園等は、児童福祉法に基づく福祉施設・事業のためです。

Q.利用希望月の前月20日頃に連絡がない場合、内定しなかったと考えてよいですか?

 A.内定連絡の時期はあくまでも目安であり、20日を過ぎて連絡をする場合があります。(4月利用調整を除く)また、内定辞退や退園者が出た場合に追加の利用調整を行う場合があるため、最終的な結果は利用希望月の前月の最終開庁日に確定します。

施設や入園後の生活に関すること

Q.保育園等は見学できますか?

A.可能です。事前に見学可能な日時を保育園等へご確認ください。見学の有無が利用調整に影響することはありませんが、見学することをおすすめします。

Q.区立保育園の運営業務委託園について教えてください。

 A.練馬区では、平成29年4月現在、区立保育園60園中20園を民間事業者に委託しています。詳しくは「保育園等一覧」内にあります区立保育園〈基本事項〉をご参照ください。

Q.区立保育園と私立保育園に違いはありますか?

 A.いずれも国の基準を満たした施設ですが、私立保育園は、保育園ごとに特色のある運営を行っています。事前に保育園にお問い合わせのうえ、見学することをおすすめします。保育料については、区立・私立ともに同じ基準により決定されます。ただし、私立保育園によっては、保育料(延長保育料は施設が決定)とは別に、園服・帽子等の費用や保護者会費がかかる場合がありますので、直接お問い合わせください。

Q.自動車やバイクで送迎できますか?

 A.近隣のご迷惑となりますので、ご遠慮ください。なお、一部の私立保育園で、駐車場を設けているところもありますので、保育園等に直接お問い合わせください。

Q.慣れ保育について教えてください。

 A.慣れ保育とは、入園後、お子さまが保育園等での生活に慣れるまでの間、短い保育時間から徐々に保育時間を延ばしていく期間のことです。
お子さまの年齢や保育園等により異なりますが、おおむね1〜2週間程度です。なお、入園前に慣れ保育を行うことはできません。

Q.区立保育園で延長保育を利用した場合、夕食はでますか?

 A.区立保育園では、19時30分まで(夕1)利用の方には補食(おやつ程度)、20時30分まで(夕2)利用の方には夕食を提供しています。私立保育園や地域型保育事業では施設ごとに異なりますので、直接お問い合わせください。

Q.保育園等の登園時間は決まっていますか?

 A.保育園等では、お子さまの成長に合わせた活動を行っています。集団行動の場でもありますので、決められた時間までに登園をお願いします。なお、やむを得ない場合には、各保育園等にご相談ください。

支給認定に関すること

父母の就労に関すること

Q.申込み後、転職しました。何か提出する書類はありますか?

 A.新しい勤務先の『就労証明書』と前職の退職日が確認できる書類などの提出が必要です。詳細は、保育課入園相談係へお問い合わせください。

Q.現在、育児休業中です。4月に入園した場合、いつまでに復職しなければなりませんか?

 A.入園した月の末日までに復職が必要ですので、遅くとも4月30日には復職する必要があります。勤務先によっては月の途中からの復職を認めていない場合もありますので、復職日については、お早めに勤務先とご相談ください。
 平成30年4月は、28日、29日が土日、30日が祝日となりますので、ご注意ください。

Q.4月に入園し、4月15日に復職しました。『復職証明書』はいつまでに出せばいいですか?

 A.原則、復職してから10日以内の提出が必要になります。4月15日に復職した場合は、4月25日までにご提出ください。
 ただし、会社の都合で書類作成に時間がかかる場合や、連休の影響で遅れてしまう場合は、可能な限り早めにご提出ください。
 書類の提出が遅れたとしても、入園月中の復職は必須になりますので、ご注意ください。

Q.現在、第2子の育児休業中です。第1子だけでも入園させたいのですが、申込みは可能ですか?

 A.申込みは可能ですが、育児休業中の申込みの場合は入園月中の復職が必要となります。第2子の預け先がないことを理由に復職しなかった場合、入園(内定)が取消しまたは退園になります。

Q.育児休業給付金の延長について教えてください。

 A.練馬区保育課では育児休業給付金の延長に関する業務を行っておりません。あらかじめ勤務先の担当者またはハローワークへ申込み前にお問い合わせください。

Q.育児短時間勤務を取得する予定で申込みをしました。何か注意すべき点はありますか?

 A.育児短時間勤務を取得する場合、取得内容によって算定される指数が異なります。
 正規(契約)の勤務時間とみなして指数を算定するためには、2つの条件(1.短縮後の勤務時間が1日6時間以上あり、かつ勤務日数は短縮しない 2.保育園等の利用中に育児短時間勤務等を終了した場合は、正規の勤務日数および時間で勤務する)を両方とも満たすことが必要です。また、正規の勤務時間とみなして指数が算定され、入園した場合には、入園後も引き続き2つの条件を満たすことが必要ですのでご注意ください。
 2つの条件のいずれかを満たさない場合は、短縮された勤務内容で指数が算定されます。

お問い合わせ

こども家庭部 保育課 入園相談係  組織詳細へ
電話:03-5984-5848(直通)  ファクス:03-5984-1220
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る