このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 仕事・生活・環境 の中の みどり・緑化 の中の 助成制度 の中の 屋上緑化助成 のページです。

本文ここから

屋上緑化助成

更新日:2017年4月25日

区の条件を満たしたうえで新しくビルや住宅等の屋上に、草花、芝生や樹木等を植えて生育する場合、助成金を受け取ることができます。
必ず、屋上緑化工事を行う前に、区へお申し出ください。

助成金額

緑化区画1平方メートルにつき2万円上限
(所要経費の半額と、緑化区画1平方メートルにつき2万円とを比較して少ない方の額)
助成限度額 80万円
みどりの協定締結区域内の敷地では助成枠が拡大されます。詳しくはお問い合わせください。

対象者

区内に屋上緑化が可能な建築物を所有または管理されている方
法人やマンションの管理組合なども対象になります。
申請者が個人の場合は、個人住民税および軽自動車税(区税等)、法人の場合は、法人住民税を滞納していないことが条件となります。共有名義の場合は、委任状を受けることとなります。マンション等の場合は、管理組合等の合意が必要です。また、住宅販売など営利を目的とした事業者、国・地公共団体その他これに準ずる団体は対象外です。

交付要件(新築・既存建築物共通)

(1) 新たに行う屋上緑化であり、申請時に工事に着手していないこと。
(2) 建築物の屋根の部分で、人が階段で安全に出入りでき高さが1.1メートル以上の転落防止柵があり、安全に利用できること
(3) 緑化区画の面積が1平方メートル以上であり、木・芝生・草花等を植栽したものであること。
  ア 緑化区画は、自然土壌・人工軽量土壌等を使用した植栽の基盤となる植込み地をいう。
  イ 緑化区画面積は、植込み地部分を囲む縁石またはプランター等の外法の面積をいう。
  ウ 植栽の無い通路部分やベンチ等の施設面積は、緑化区画面積には算入しない。
(4) プランターで行う場合は、原則として50リットル以上の容器を使用すること。
(5) 過去5年以内に、この助成を受けて緑化区画を設置した部分でないこと。
(6) 建築士の方から、構造上安全である旨の証明を受けること。
(7) 法または条例により緑化が義務付けられている敷地に係る申請は、義務づけられた部分を超えた部分とすること。

新築建築物である場合の交付要件

(1) 建築基準法その他の法令に適合し、屋上緑化が可能なこと。
(2) 屋上緑化による固定荷重および歩行用として積載荷重を見込んで設計していること。また、この固定荷重以下の屋上緑化であること。
(3) 確認済証が交付された建築物上の屋上緑化であること。検査済証が交付された場合、その写しを提出すること。

既存建築物である場合の交付要件

(1) 建築基準法その他の法令に適合し、屋上緑化が可能なこと。
(2) 検査済証が交付された建築物上の屋上緑化であること。昭和56年の新耐震基準以後に着手された建築物であり、建築確認申請時に屋上を歩行用として積載荷重を見込んで設計しており、また、地震力を計算する場合の積載荷重以下の屋上緑化であること。

屋上緑化が可能という証明

屋上緑化をすると土・樹木・レンガなどかなりの重さが、建築物の屋上にかかります。建築物がその重さに耐えられるかどうか、確認する必要があります。申請者の皆様の責任において行っていただくため、必ず事前に建築士にご相談ください。

新築建築物である場合の交付要件

(1)屋上緑化による固定荷重および歩行用として積載荷重を見込んで設計しているか確認してください。建築確認申請時の構造計算書で確認できます。
(2)屋上緑化資材(補助対象外を含む)の平方メートルあたりの荷重が、前記の固定荷重以下であるか確認してください。固定荷重以下であれば問題ありません。固定荷重を超えている場合は固定荷重以下で屋上緑化を計画してください。
(3)建築工事完了後、必ず建築物の完了検査を受けて検査済証交付を受けてください。検査済証が交付されることが助成金の交付要件となります。
(4)必要な書類等
  ア 確認済証の写し
  イ 建築士による、構造上屋上緑化が可能であることの証明文書
区指定の様式で、ご提出ください。

既存建築物である場合の交付要件(昭和56年の新耐震基準以後に着手された建築物)

(1) 建築確認申請時に屋上を歩行用として積載荷重を見込んで設計しているか、建築確認申請時の構造計算書等で確認してください。積載荷重は下表が目安になります。

積載荷重表
床の構造計算をする場合 大ばり・柱・基礎の
構造計算をする場合
地震力を計算する場合
180
キログラム/平方メートル
130
キログラム/平方メートル
60
キログラム/平方メートル

(2) 建築物の完了検査を受けて検査済証が交付されているか確認してください。検査済証が交付されていることが助成金の交付要件となります。
(3) 設計上の積載荷重(地震力計算用)範囲内の屋上緑化工事であるか確認してください。
(4) 必要な書類等
ア 検査済証の写し
イ 建築士による、構造上屋上緑化が可能であることの証明文書
区指定の様式で、ご提出ください。

手続きの流れ

屋上緑化工事約1か月前までに、区が確認します。

屋上緑化工事着工前に、区が確認します。その際に屋上緑化が可能かどうか、助成対象かどうかなどの確認をします。
場合によっては、職員が現場確認をさせていただくこともあります。

屋上緑化助成の助成対象確認申請を行なう。

助成対象確認申請書を区に提出してください。押印欄がありますが、この後の各提出書類すべてに同じ印鑑を押印するようにしてください。

  • 屋上緑化計画図(平面図・断面図・求積図)
  • 工事着手前の写真
  • 屋上緑化工事の見積書
  • 屋上緑化が可能であることを証明する書類(検査済証の写し等)
  • 建築物の所有者が分かる書類

(固定資産税の写しや登記簿の写し、新築の場合は契約書等)

所有者名義が複数名の場合→代表者を決め、他の方からの同意書
建築物の管理者が申請、管理を行う場合→ 建築物の所有者からの同意書
マンション等の管理組合が申請する場合→ 管理組合等の同意書

練馬区に転入して間もない方は、前年度の納税証明書または、非課税証明書をあわせて提出してください。

区が書類審査後、助成対象確認通知書の交付をする。

区は、約2週間で書類審査をし、助成対象と認めた場合は、助成対象確認通知書を交付します。あわせて、助成金交付申請書をお渡しします。

申請書どおりに屋上緑化工事着工

助成対象確認通知書を受けてから工事に着手してください。通知前に着手した場合は、助成を受けられないことがありますのでご注意ください。
申請した内容どおりに、工事を行ってください。やむを得ず計画の中止や変更が生じた場合は速やかに区に連絡してください。

完成後90日以内に助成金交付申請をする。

屋上緑化工事の完了後、90日以内に助成金交付申請書を記入し、次の書類を添付して郵送もしくは持参にて区へ提出してください。

  • 屋上緑化工事竣工図(平面図・断面図・求積図)
  • 工事記録写真(施工中・完了後写真、緑化の確認できる写真)
  • 屋上緑化設置経費等を証明する書類(領収書の写し、内訳書等)(注)経費は税込み金額です。
  • 助成対象確認通知書の写し

区の検査後、振り込み手続きをする。

区が書類審査および現場確認を行って問題がない場合は、助成金交付決定通知書を交付します。あわせて助成金交付請求書、支払金口座振替依頼書をお渡しします。
助成金交付請求書、支払金口座振替依頼書へ記入したうえ、速やかに郵送もしくは持参にて区へ提出してください。

2週間前後で口座へ振り込みが完了する。

パンフレット

注意事項

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境部 みどり推進課 みどり協働係  組織詳細へ
電話:03-5984-2418(直通)  ファクス:03-5984-1227
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

助成制度

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る