このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 年金・国保・後期高齢者医療 の中の 国民健康保険 の中の 国民健康保険の特定健診・保健指導 の中の 糖尿病(2型)を予防しましょう のページです。

本文ここから

糖尿病(2型)を予防しましょう

更新日:2015年12月1日

糖尿病は、進行すると日常生活に大きな影響をおよぼすだけでなく、命にかかわる合併症を引き起こします。
中でも、2型の糖尿病は、生活習慣が原因となっている場合があります。
正しく理解し、予防を心がけましょう。

糖尿病の方が増えています!

グラフ
国民健康・栄養調査(平成24年)

糖尿病は、予備群も含めると全国で約2,000万人以上と推計され、「国民病」となっています。

また、練馬区の国民健康保険でも、糖尿病の患者は年々増加しており、国保加入者の約5人に1人という状況です。

「糖尿病」はどんな病気?

すい臓のイラスト

糖尿病は、大きく分けると、「1型」と「2型」があります。

「2型」の糖尿病は、生活習慣(食べ過ぎ、運動不足など)や遺伝的な要因のため、すい臓から分泌されるインスリンの働きが弱くなり、血液中に余分な糖が残ってしまい、高血糖が続く状態になります。

「2型」の糖尿病は、いわゆる“生活習慣病”です。

自覚症状が無い場合も多く、進行すると動脈硬化を招き、気が付いた時には重症になっていることも少なくありません。

恐ろしい合併症が・・・

全身に影響するイラスト

糖尿病は、体内の余分な糖が全身の血管や神経を傷つけてしまうため、「全身の病気」とも呼ばれ、高血糖の状態が続くことにより、全身におよぶ合併症を引き起こします。

特に、神経・目・腎臓の合併症により、最悪の場合、手足の切断・失明・人工透析に至る恐れがあります。

また、脳梗塞や心筋梗塞になるリスクも高くなります。
脳梗塞や心筋梗塞を発症すると、将来、健康的に生活することができる期間(いわゆる“健康寿命”)が短くなってしまいます。

2型糖尿病になりやすい人(危険因子チェック) 〜心あたりはありませんか

あてはまる項目が多い人ほど、要注意です。
2型糖尿病は、遺伝的要因と環境的要因があります。心あたりはありませんか?

糖尿病リスクチェック表

2型糖尿病を予防するには

食生活について

適正な食事

  • 1日3食、規則正しい食生活を心がけて、朝食は必ずとりましょう。
  • 「主食、主菜、副菜」が揃った献立で、栄養バランスの良い食事を続けましょう。

不規則な食事や欠食等により、インスリンの分泌リズムが乱れ、血糖のコントロールが難しくなります。

  • 食物繊維の多い野菜などをしっかり食べましょう。
  • 糖分(砂糖・果糖)の取り過ぎに注意しましょう。

血糖値の上昇が緩やかになり、すい臓の負担を軽くすることができます。

運動について

体操イラスト

  • おすすめの運動は、「ウォーキング」です。
  • まとまった運動が難しい場合は、日常生活の中で、エスカレータのかわりに階段を使うなど、まず、1日10分多く活動すること(+10[プラス・テン])から始めましょう。
  • 可能であれば毎日、少なくとも週3日を目標に続けましょう。


運動をすることでは、体内のブドウ糖を消費すると同時に、インスリンの働きを強くする効果があり、血糖を下げるだけではなく、筋力の低下予防や肥満予防にもつながります。

2型糖尿病と診断されたら

2型糖尿病は、生活習慣だけでなく、体質(遺伝)やストレスなどにより、誰もが発症する可能性のある病気です。

2型糖尿病になっても、かかりつけの医師による適切な治療と生活習慣の改善により、血糖値をコントロールすることで、普通の生活を送りながら、合併症も防ぐことができます。
早期発見、早期対策がとても重要です。

お問い合わせ

区民部 国保年金課 保健事業担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4551(直通)  ファクス:03-3993-3260
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る