このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 教育 の中の 各種助成・就学援助 の中の 就学奨励費(特別支援学級等在籍者に対する援助) のページです。

本文ここから

就学奨励費(特別支援学級等在籍者に対する援助)

更新日:2017年8月21日

 練馬区では、特別支援学級に在籍または通級している児童・生徒、および学校教育法施行令第22条の3に規定する障害の程度に該当し通常学級に通学する児童・生徒の保護者の方を対象に、教育費の一部を、就学奨励費として補助しております。
 学校よりお配りする「受給申請書兼委任状(兼希望調書)」に必要事項を記入し、学校にご提出ください。また、希望しないご家庭についても、ご提出をお願いしておりますので、ご協力ください。

1.就学奨励費が支給される方

 練馬区内に住所を有し、就学援助の認定を受けていない方で、以下のいずれかに該当する方、世帯の平成28年中の所得が基準額以内の方(第二段階)。
 ※基準額以上(第三段階)の場合は交通費が支給されます。

  1. 小・中学校の特別支援学級に在籍または通級している。
  2. 学校教育法施行令第22条の3(特別支援学校の就学基準)に該当し、小・中学校の通常学級へ通学している。(就学相談を受けられた方が対象となります)
【基準例】
世帯人数 家族構成 所得基準額
2人 父(または母)・小学生 約440万円
父(または母)・中学生 約460万円
3人 父・母・小学生 約570万円
父・母・中学生 約590万円
父(または母)・小学生・中学生 約620万円
4人 父・母・小学生・中学生 約760万円

所得基準額は、所得控除後の金額ですが世帯員の数、年齢によって決められますので、上記の例はあくまでも目安です。

2.奨励費の内容

 世帯の所得により認定区分が決定され、次の補助が受けられます。

第二段階に認定

入学準備費(1年)、学用品・通学用品費、副教材費、校外活動費、通学費、学校給食費、交流学習交通費、職場実習交通費(中学校のみ)、修学旅行費(中学校のみ)

第三段階に認定

通学費、交流学習交通費、職場実習交通費(中学校のみ)

3.申請方法

1.「受給申請書兼委任状(兼希望調書)」を記入・押印の上、ご提出ください。通級学級の児童・生徒については、在籍校に提出してください。
2.平成29年1月1日に練馬区在住で、税の申告の済んだ方は、練馬区課税内容により確認いたしますので、証明書類の添付は必要ありません。
 ※注釈:税の申告をしていない方は認定ができませんので、必ず申告を済ませておいてください。(住民税は、区役所4階税務課で申告できます。)
3.なお、平成29年1月1日に練馬区以外に住民登録があった方は、同一世帯全員の所得証明書を添付してください(コピーでの提出可)。
4.補助の希望をされない方も「2 申請しません(辞退します)。」の番号を○で囲み、申出年月日、申出(保護)者氏名(押印してください)、学校名(1)および児童生徒氏名(2)の各欄をご記入の上、ご提出ください。

4.振込指定口座

 保護者の口座をご記入ください。

5.その他

 申請の結果は、郵送で10月下旬にお知らせする予定です。なお、支給は12月下旬の予定です。

お問い合わせ

教育振興部 学務課 就学相談係  組織詳細へ
電話:03-5984-5664(直通)  ファクス:03-3993-1196
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

各種助成・就学援助

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る