このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 教育 の中の 各種助成・就学援助 の中の 就学援助費(学校でかかる費用の援助) のページです。

本文ここから

就学援助費(学校でかかる費用の援助)

更新日:2016年9月23日

 就学援助制度とは、経済的な理由により児童・生徒の小・中学校(義務教育)への就学が困難なご家庭に対し、区が学校給食費や学用品費等の費用の一部を援助する制度です。

1.対象者

 練馬区内に住所を有し、練馬区立小・中学校(練馬区立以外の国公立を含む)に在籍する児童・生徒の保護者で、次の1から4に該当する方

  1. 現在生活保護法に定める教育扶助を受給中の方
  2. 平成27年度中に生活保護法に定める教育扶助の停止・廃止を受けた方。ただし、世帯構成などの変更を伴う場合は除きます。
  3. 平成27年1年間の世帯全員の所得の合計金額(世帯とは、住民登録上の世帯です。保護者の兄弟・父母等が同じ世帯の場合、その方の所得も合算します)が、認定基準所得以下の世帯〔下表:認定基準所得金額のめやす(参考)〕。認定にあたり、所得は平成28年度住民税課税台帳から確認させていただきます。
  4. 生活の急変(主たる生計維持者の死亡または解雇、災害に遭われた世帯)
認定基準所得金額のめやす(参考)−平成28年度における認定基準金額−
世帯人数 世帯構成(年齢は、4月1日現在満年齢) 前年中の所得金額
(世帯全員の合計額)
2人 母(39歳)・子(9歳) 2,660,016円
3人 父(39歳)・母(39歳)・子(9歳) 3,252,516円
4人 父(39歳)・母(39歳)・子(9歳)・子(5歳) 3,540,240円
5人 父(43歳)・母(43歳)・子(13歳)・子(10歳)・子(7歳) 4,312,890円
6人 父(43歳)・母(43歳)・祖母(69歳)・子(13歳)・子(10歳)・子(7歳) 4,758,474円

※注釈:モデルケースですので、人数が同じでも年齢によって認定基準所得金額が異なります。
 また認定基準所得金額は、生活保護基準の改定により、年度によって変わります。

所得金額とは

 給与所得の場合は給与所得控除後の金額、事業所得の場合は総収入金額から必要経費を差し引いた金額です。このほかの所得も含めて所得の種類が複数ある場合は合算します。なお、本制度の趣旨から、純損失や資産性所得の譲渡損失などの繰越控除をする前の所得で判定します。

2.申請書配付方法

 練馬区立の小・中学校に在籍している場合は、通学している小・中学校から申請書を受け取ってください。ご自宅への郵送をご希望の場合や、練馬区立以外の国公立小・中学校に在籍している場合は、学務課管理係へお問い合わせください。

3.申請手続き

(1)申請書の提出

 申請書に必要事項を記入・押印のうえ、申請書と同時に配付する返信用封筒に入れて郵送するか、学務課管理係へ直接ご持参ください。
 小学校2〜6年生の児童および中学校2〜3年生の生徒の保護者で、前年度以前に学務課に申請書を提出している方は、あらためて今年度申請書を提出する必要はありません。以前に提出いただいた申請書が引き続き有効なので、平成28年度の認定審査を行います。
 ただし、学校が変わられた場合などは新たに申請書を提出していただきます。

(2)添付書類

1.平成28年1月1日現在、練馬区に住所(住民登録)がある方は、練馬区課税台帳上の記録により確認しますので、課税証明書等の書類は必要ありません。ただし、平成27年分の収入の申告をしていない方は、所得の審査ができませんので、早めに税務署への確定申告または練馬区税務課への申告を済ませておいてください。

2.平成28年1月1日現在、練馬区以外に住所(住民登録)がある方は、次のいずれかの書類の提出をお願いします。就学援助用は原本の写し(コピー)可です。
 児童手当の申請等で区に所得証明書類を提出済みの場合は、学務課へその旨お知らせください。
・「平成27年分確定申告書の税務署提出控え」
(税務署窓口にて申告の際の、税務署受付印のある控え)
・「平成28年度 住民税課税証明書」
(平成28年1月1日現在の住所地の自治体にて6月上旬以降交付を受けてください)
・「平成28年度 住民税非課税証明書」
(平成28年1月1日現在の住所地の自治体にて6月上旬以降交付を受けてください)
※注釈1:会社が発行する源泉徴収票では、お受けできません。

(3)その他

 世帯の状況が変わった場合や、住所が変わった場合は、必ず申し出でください。申し出がない場合、すでに支給した援助費を返納していただくことがありますので、ご注意願います。

4.提出期限・提出先

 随時受け付けています

 受給認定となった場合は、学務課が申請書を受理した月(郵送の場合は消印日の属する月)からが援助対象となります。
 新1年生の入学準備費の支給は、4月中に申請書が受理され認定となった方のみが対象となりますので、あらかじめご承知おきください。

【提出先】
 〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号
  練馬区役所本庁舎12階
 教育振興部 学務課 管理係

5.認定区分

1.要保護者

 生活保護を受けている方

2.準要保護者

 教育委員会が要保護者に準ずる程度に困窮していると認定した方

6.認定審査の結果通知

 4月および5月に申請書を受け付けた分については、7月上旬に「審査結果通知書」を郵送します。
 6月以降に受け付けた申請書については、60日以内に「審査結果通知書」を郵送します。

7.受給認定の保護者への支給方法 (抜粋)

(1)練馬区立小・中学校に在籍している児童・生徒の場合

  • 1.給食費は、8月上旬、12月下旬、4月上旬に支給
  • 2.移動教室、修学旅行、臨海・林間学校は、児童・生徒が参加したあとに支給
  • 3.入学準備費は、4月に受給認定を受けた保護者で、8月上旬に支給
  • 4.学用品・通学用品費は、12月下旬に1年分を支給

 いずれも、原則として申請時に記載のあった口座名義へ振り込みます。ただし、学校への給食費等のお支払い状況によっては、学校長口座へ振り込むことがあります。
 振込先の口座を変更したいときは、早めに学務課へお知らせください。

(2)練馬区立以外の国公立の小・中学校に在籍している児童・生徒の場合

 原則として、年2回(おおむね11月上旬と4月上旬)です。
 修学旅行や移動教室などの参加状況や経費、給食費などの保護者負担額等の状況について、児童・生徒が在籍する学校へお問い合わせし、援助費を確定してから振込みをいたします。

 いずれも、原則として申請時に記載のあった口座名義へ振り込みます。ただし、学校への給食費等のお支払い状況によっては、学校長口座へ振り込むことがあります。
 振込先の口座を変更したいときは、早めに学務課へお知らせください。

8.援助対象費目と支給額

9.FAQ(よくある質問)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

教育振興部 学務課 管理係  組織詳細へ
電話:03-5984-5643(直通)  ファクス:03-3993-1196
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

各種助成・就学援助

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る