このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 戸籍・住民登録 の中の 公的個人認証 の中の 公的個人認証サービスのご案内 のページです。

本文ここから

公的個人認証サービスのご案内

更新日:2014年9月4日

公的個人認証サービスとは

 今後、いろいろな行政手続がインターネットを通じても行えるようになる予定です。その際に、他人によるなりすまし申請や通信途中での改ざんといったことが問題となります。こうした問題を防止するため、インターネットを通じて行政手続をしようとするときは、本人確認ができる電子データの証明書(以下「電子証明書」という。)を申請書に添付して送信することが必要となります。

 公的個人認証サービスは、こうしたインターネットを通じての行政手続に必要となる電子証明書を交付し、インターネットによる行政手続が安全に行えるようにするための制度です。

窓口・受付時間

練馬区民事務所(練馬区民事務所以外の区民事務所および出張所では取り扱っておりません)
 月曜〜金曜日の午前8時30分〜午後5時(祝休日・12月29日〜1月3日を除く)

 ※注釈:受付時間内にお越しいただいても、窓口の混雑状況によっては、東京都の認証局での電子証明書発行サービス提供時間内に間に合わず、当日お受けできなくなる場合があります。予めご了承ください。

電子証明書の交付手数料

 1件 500

電子証明書の交付が受けられる方は

 練馬区の住民基本台帳に登録されている方。

※注釈:電子証明書の交付申請には、住民基本台帳カードが必要となります。

電子証明書の交付申請方法は

1 本人が申請手続を行う場合

 つぎのものをお持ちになって練馬区民事務所(練馬区役所本庁舎1階)までお越しください。

(1)ご本人を確認できる官公署が発行する写真付き証明書

  • 写真付きの住民基本台帳カード(カードの暗証番号が正しく入力できない場合は受付不可)
  • 運転免許証
  • パスポート

<外国人住民の方>

  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 旧外国人登録証明書(在留カードおよび特別永住者証明書とみなされるものに限る) 

 
 など、上記以外の官公署が発行する写真付き証明書をお持ちになる場合は、必ず事前にお問い合わせください(場合によっては、お受けできない場合があります)。
 なお、

  • 期限切れなどで無効となっているもの
  • 転居や結婚などで住所や氏名などが変更しているにもかかわらずその修正が済んでいないもの
  • 添付されている顔写真が古く本人確認ができないもの

など、本人を確認する書類としては不適当なものはお受けできません。

(2)住民基本台帳カード
 事前に同カ―ドの交付を受けておいてください。住民基本台帳カードは、申込みから交付まで1〜2週間かかりますのでご注意願います。ただし、ご本人が、「(1)ご本人を確認できる官公署が発行する写真付き証明書」をお持ちになって、平日の午後6時までに各区民事務所へお越しいただくと、当日に交付できる場合があります。なお、電子証明書も同時に申請する場合は、練馬区民事務所に午後4時までにお越しください(電子証明書の受け付けは午後5時までです)。詳しくはお問い合わせください。

※注釈1:「(1)ご本人を確認できる官公署が発行する写真付き証明書」をお持ちでない方は、健康保険証または官公署が発行する証明書(写真なしのものでも可)に加え、区からの照会書に対する回答書が必要となります。このため、交付申請を行う前に、一度、練馬区民事務所にお越しいただき、照会書の送付依頼書を提出していただくようになります(都合2回窓口にお越しいただくことになります)。

※注釈2:15才未満の方や成年被後見人の方が電子証明書の交付申請を行う場合は、本人と法定代理人(親権者・後見人)が来所する必要があるなどの条件があり、条件を満たさなければ申請できませんので、必ず、事前に練馬区民事務所までご相談ください。

2 代理人(親権者を含む)が交付申請を行う場合

 代理人に委任して電子証明書の交付申請を行うことができます。

 この場合は、委任状等に加え、区から郵送された照会書に対する回答書等が必要となります。つきましては、交付申請を行う前に、一度、代理人が、運転免許証などお名前が確認できる官公署発行の写真付き証明書をお持ちになって、練馬区民事務所にて照会書の送付依頼書を提出してください(都合2回窓口にお越しいただくことになります)。

 また、交付申請の際に提出していただく委任状や照会書の回答書には印鑑登録されている印(実印)を押印していただきますので、申請者ご本人の印鑑登録証明書(取得後3ヶ月以内のもの)も必要となります。

 なお、代理人に委任して交付申請を行うには、一定の条件があります。詳しくはお問い合わせください。

電子証明書の有効期間

 電子証明書が発行された日から起算して3年間。

 なお、失効申請書を提出した場合や、転居や結婚等で氏名・生年月日・男女の別・住所のいずれかの項目が修正された場合などには、有効期間内でも電子証明書は失効してしまいます。失効した場合は、再度、交付の申請をやり直す必要があります(交付手数料も同様にかかります)。

※注釈1:外国人住民の方は通称の記載・変更・削除を行った場合についても、電子証明書が失効します。
※注釈2:有効期間の具体的な確認方法については公的個人認証サービスのQ&Aもご覧ください。

電子証明書を使用するためのパソコン等の仕様について

 公的個人認証サービスの電子証明書を利用してインターネットで行政手続きを行うためには、インターネットに接続したパソコンとICカードリーダライタが必要となります。 また、パソコンに「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」をインストールする必要があります。

※注釈1:パソコンやICカードリーダライタ等の機器、インターネットへの接続などは、個人でご用意をお願いします。

※注釈2:平成25年12月現在、公的個人認証サービスの電子証明書を利用できるOSは、ウィンドウズまたはマッキントッシュに限られており、その他のOSでは、ご利用いただけません。

※注釈3:OS、ICカードリーダライタ、利用者クライアントソフト等の詳細については、公的個人認証サービスポータルサイトにてご確認ください。

※注釈4:電子証明書を利用するサービスによってはマッキントッシュがご利用いただけない場合があります。詳しくは申請先へお問い合わせください。

区の電子申請窓口の状況

 住民票の交付申請など一部の事務において、電子申請の受付を行っています。
 詳細については、電子申請のページから確認してください。

※注釈:公的個人認証サービスを利用した電子申請システムで、住民票等の交付申請を行った場合でも、住民票等の受取りについては、従来どおり窓口にお越しいただくことになります。
 なお、住民票等の受取りの際には、運転免許証・健康保険証など、電子申請をした際にご自分が指定した本人確認書類が必要になります。

窓口・問合せ先

区民部 戸籍住民課 練馬区民事務所
〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 本庁舎1階
電話:03-5984-4528(直通)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る