このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 高齢者 の中の ひとりぐらし・高齢者のみ世帯 の中の 「救急情報キット」を希望者に配付しています のページです。

本文ここから

「救急情報キット」を希望者に配付しています

更新日:2018年4月12日

救急キットのステッカーの図

 安心して暮らせる地域づくりを推進するため、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯の方、障害をお持ちの方、健康に不安を抱える方に、「救急情報キット」を配付しています。
救急情報キットは、救急および緊急時に迅速な支援が行えるよう、緊急連絡先やかかりつけ医などの情報を専用の容器に入れ、自宅の冷蔵庫に保管することで、万一の場合に備えることを目的とするものです。
 ※配付予定数量が無くなった時点で、救急情報キットの配付は終了させていただきます。

対象となる方

  1. ひとり暮らし高齢者、高齢者のみの世帯の方
  2. 障害をお持ちの方
  3. 健康に不安を抱える方

 などでご希望される方

配付場所

高齢社会対策課管理係、各地域包括支援センター

問い合わせ

高齢社会対策課管理係 

  電話:03‐5984-1068

ステッカーの図のダウンロード

 このページから救急情報キットのステッカーの図をダウンロードすることができます。
 専用容器以外の市販のプラスチック製密封容器(丸型で透明のもの)でも、このページからステッカーの図をダウンロードし、市販の容器に貼ることで代用が可能です。

救急情報キットの使い方

  1. 救急情報などを救急情報キット容器の中に入れて、冷蔵庫に保管しておきます。冷蔵庫は、台所にあるので救急隊が見つけやすいためです。
  2. 玄関ドアの内側と冷蔵庫のドアに、「救急情報キット」のあることを示すステッカーを貼ります。
  3. 救急車を呼び、救急隊が来た時に、救急隊員は、玄関や冷蔵庫のステッカーを見て、「救急情報キット」があることを知り、必要に応じて冷蔵庫を開け、救急情報などを確認します。
  4. 救急情報などを参考に、迅速かつ適切な救急活動を行います。

救急情報キットに入れるもの

  1. 救急情報(かかりつけ医や持病、薬の内容などを記入)
  2. 写真(本人の確認ができるもの)
  3. 健康保険証の写し
  4. かかりつけ医の診察券の写し
  5. 普段飲んでいる、お薬の説明書の写し

 ※1の用紙は、救急情報キットの中に入っていますのでご活用ください。
 ※1の記入と、2〜5はご本人に用意していただくものです(必要に応じて、ご用意ください)。
 ※救急時に、正確な情報が伝わるように、内容の変更があった場合には、書き換えや書類の交換をしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢施策担当部 高齢社会対策課 管理係  組織詳細へ
電話:03-5984-1068(直通)  ファクス:03-5984-1214
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る