このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 介護保険 の中の 自己負担が高額になったとき【高額介護(介護予防)サービス費】 のページです。

本文ここから

自己負担が高額になったとき【高額介護(介護予防)サービス費】

更新日:2017年10月5日

 同じ月に利用したサービスの、自己負担の合計額(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合には、世帯合計額)が高額になり、一定の限度額を超えたときは「高額介護(介護予防)サービス費」として後から払い戻されます。
 所得によって限度額が異なります。
※注釈1:福祉用具購入費や住宅改修費、居住費(滞在費)、食費や日常生活費、個室代等は、高額介護(介護予防)サービス費の支給対象とはなりません。

申請方法

  • 高額介護(介護予防)サービス費の対象となる方には、サービス利用月からおおむね2〜3か月後に区から通知しますので、手続きをしてください。
  • 申請期間は、介護サービスを利用した月の翌月1日から起算して2年です。
  • 申請先

 介護保険課 給付係(練馬区役所東庁舎4階)
 高齢者相談センター(練馬、石神井、大泉、光が丘の各総合福祉事務所内)※支所を除く
 郵送で提出する場合は、下記まで送付してください。
  「〒176−8501 練馬区豊玉北6−12−1 練馬区介護保険課給付係宛」

自己負担の限度額

1か月あたりの自己負担の限度額
利用者負担段階 支給の対象者 自己負担の限度額
(平成29年7月まで)
自己負担の限度額
(平成29年8月から)
第5段階 現役並み所得者に相当する方がいる世帯の方  44,400円(世帯)※注釈2  44,400円(世帯)
第4段階 世帯のどなたかが特別区民税を課税されている方  37,200円(世帯)  44,400円(世帯)
 ≪変更≫ ※注釈3
第3段階 ・本人および世帯全員が特別区民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超える方  24,600円(世帯)  24,600円(世帯)
第2段階 ・本人および世帯全員が特別区民税非課税で、本人の前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方
・老齢福祉年金の受給者で世帯全員が特別区民税非課税の方※注釈5
 24,600円(世帯) 
 15,000円(個人)※注釈4
 24,600円(世帯) 
 15,000円(個人)
第1段階 生活保護受給者等  15,000円(個人)  15,000円(個人)

※注釈2:同一世帯内に65歳以上(第1号被保険者)で課税所得145万円以上の方がいる世帯。
 課税所得とは、収入から公的年金等控除、必要経費、給与所得控除等の地方税法上の控除金額を差し引いた後の額をいいます。
※注釈3:1割負担の方のみの世帯は、平成29年8月から3年間、年間上限額が44万6,400円となります。
※注釈4:「世帯」とは、住民基本台帳上の世帯員で、介護サービスを利用した方全員の負担の合計の上限額を指し、「個人」とは、介護サービスを利用したご本人の負担の上限額を指します。
※注釈5:「老齢福祉年金」は、明治44年(1911年)4月1日以前に生まれた方等が受給している年金です。

お問い合わせ

高齢施策担当部 介護保険課 給付係  組織詳細へ
電話:03-5984-4591(直通)  ファクス:03-3993-6362
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る