このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 保健・医療・健康・衛生 の中の 妊婦さんへの健康支援 の中の 妊婦健康診査費用助成のご案内 のページです。

本文ここから

妊婦健康診査費用助成のご案内

更新日:2018年4月1日

母子健康手帳交付時にお渡しする「母と子の保健バッグ」に妊婦健康診査受診票(妊婦健康診査受診票14回分、妊婦超音波検査受診票1回分、妊婦子宮頸がん検診受診票1回分)が入っています。受診票を医療機関に提出することで、妊婦健康診査費用の一部助成を受けられます。

受診票を利用できる医療機関

・都内契約医療機関
・埼玉県の一部医療機関
 新座市・・・牧田産婦人科医院・大塚産婦人科医院・奥脇産婦人科医院
 和光市・・・独立行政法人 国立病院機構 埼玉病院・萩原医院
 朝霞市・・・阿部産婦人科医院
 所沢市・・・瀬戸病院

妊婦健康診査の受診回数(目安)

妊婦さんが出産までに妊婦健康診査を受診する回数は、14回程度が望ましいとされています。安心、安全に出産を迎えるために、定期的に妊婦健康診査を受診してください。

妊婦健康診査の受診回数(目安)
  妊娠週数 健康診査の回数
妊娠満23週まで 4週間に1回
妊娠満24週から35週まで 2週間に1回
妊娠満36週から分娩まで 1週間に1回

助成上限額

受診票の種類と受診年度により、助成上限額が異なります。

受診日が平成28年4月1日〜平成30年3月31日の場合
  助成上限額
妊婦健康診査受診票1回目(水色) 9,680円
妊婦健康診査受診票2〜14回目(黄色) 5,160円
妊婦超音波検査受診票1回(白色) 5,300円
妊婦子宮頸がん検診受診票1回(桃色) 3,400円
受診日が平成30年4月1日以降の場合
  助成上限額
妊婦健康診査受診票1回目(水色) 10,850円
妊婦健康診査受診票2〜14回目(黄色) 5,070円
妊婦超音波検査受診票1回(白色) 5,300円
妊婦子宮頸がん検診受診票1回(桃色) 3,400円

助成対象の検査項目

受診票の種類により、助成対象の検査項目が異なります。

妊婦健康診査受診票(1回目)

問診、体重測定、血圧測定、尿検査(糖、蛋白定性)、血液型[ABO型、Rh(D)型]、貧血、血糖、不規則抗体、HIV抗体、梅毒(梅毒血清反応検査)、B型肝炎(HBs抗原検査)、C型肝炎、風疹(風疹抗体価検査)

妊婦健康診査受診票(2〜14回目)

問診、体重測定、血圧測定、尿検査、保健指導

<その他選択項目(週数等に応じ、各回、下記の1項目に限る)>
・クラミジア抗原
・経腟超音波
・HTLV-1
・貧血
・血糖
・B群溶連菌
・NST(ノン・ストレス・テスト)

妊婦超音波検査受診票

経腹法による超音波検査

妊婦子宮頸がん検診受診票

子宮頸がん検診

受診票利用上のご注意

1.助成対象の検査項目にかかる費用を、助成上限額の範囲内で助成します。
  助成上限額を超える額および助成対象外検査項目は、自己負担となります。
2.つぎの費用は、助成対象外です。
  ・妊娠届出前に受診した妊婦健康診査
  ・妊娠判定時の診察
  ・健康保険適用の診療
  ・出産後の健康診査
3. 再交付等
  ・紛失した場合は、原則再発行できません。
   ただし、盗難や火災など不測の事態については、個別に対応しますので、ご相談ください。 
  ・汚損した場合は、汚損した受診票と引き換えに新しい受診票をお渡しします。

都外医療機関または助産所での妊婦健康診査費用の助成

練馬区へ転入された妊婦さんへ

練馬区から転出される妊婦さんへ

転出先の自治体にご確認ください。

お問い合わせ

健康部 健康推進課 母子保健係  組織詳細へ
電話:03-5984-4621(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る