このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 保健・医療・健康・衛生 の中の 健康づくり の中の 講演会・講習会・教室など の中の 【入場無料】 がん征圧月間「映画上映会」を開催します! のページです。

本文ここから

【入場無料】 がん征圧月間「映画上映会」を開催します!

更新日:2017年9月21日

現代は、日本人の2人1人はがんになり、3人に1人はがんで亡くなる時代です。
がんは「自分には関係ない」と思っている方にも、身近な病気となっています。

がんによる死を防ぐためには、がん検診を適切に受けることが大切です。
しかし、実際は「健康には自信があるから」「めんどうだから」といった理由で、一度もがん検診を受けたことがないという方が大多数を占めています。

公益財団法人日本たいがん協会は、毎年9月「がん征圧月間」と定め、がんとその予防について正しい知識の普及啓発を推進する月間としています。

練馬区では、平成29年度のがん征圧月間には、癌研究先駆者である知られざる偉人、山極勝三郎やまぎわかつさぶろう伝記映画を上映し、この映画のプロデューサーと病理・腫瘍学教授によるトークショーを開催します。

また、友好都市長野県上田市のひょう害りんご生産者支援のため、当日映画上映会ご来場の方に、試食用としてお一人様一個ずつ、ひょう害を受けたりんごをお配りします

入場料は無料です。

この機会に、ご自身やご家族の健康について考えてみませんか。

【日時】

平成29年9月30日(土曜)
午前11時から整理券配布予定(1人2枚まで)
開場 正午
開演 午後1時
閉演 午後4時
※注釈:状況により、開場時間および閉演時間は多少前後する場合があります。

【会場】

練馬文化センター 大ホール(こぶしホール)
(地図はページ下部をご覧ください)

【入場料】

無料
※注釈:保育室利用希望者は、保険料50円がかかります。

【内容】

第1部 トークショー 「うさぎ追いし」ができるまで

がん治療経験者である本映画プロデューサーが、がん検診の大切さや山極博士の知られざる功績について、病理・腫瘍学教授と語ります。
※注釈:手話通訳あり。

  • 出演者:

映画プロデューサー  永井 正夫ながい まさお

映画のプロデューサー。1945年長野県上田市生まれ。本映画の主人公と同郷。
長野県立上田高校、明治大学文学部演劇学を卒業。文学座演劇研究所を経て舞台活動をする。
市川崑、新藤兼人、家城巳代治、今井正、篠田正浩、神山征二郎などの助監督を務め、『はなれ瞽女おりん』以降の篠田作品ではチーフ助監督を務めた。87年には『グッドバイ・ヒーロー』で初監督、以降『少年時代』、『遠き落日』、『失楽園』、『明日への遺言』『武士の家計簿』『のぼうの城』など多くの著名な作品をプロデューサーとして世に送り出している。

順天堂大学医学部 病理・腫瘍学教授  樋野 興夫ひの おきお 医師

医療現場と患者の間にある「隙間」を埋めるべく、全国各地で講演をするなど、精力的に活動している。
1954年、島根県生まれ。医学博士。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォクスチェースがんセンター、癌研究会・癌研究所実験病理部部長を経て現職。
一般社団法人がん哲学外来理事長。

著書は『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』(幻冬舎)『がん哲学外来へようこそ』(新潮新書)『がんばりすぎない、悲しみすぎない。「がん患者の家族」のための言葉の処方箋』(講談社刊)など多数。

  • 司会者

日本大学藝術学部 放送学科教授  森中 慎也もりなか しんや 氏

1985年日本大学藝術学部卒業。同年札幌テレビ放送にアナウンサーとして入社。「ズームイン!!朝!」「ズームイン!!SUPER」「ズームイン!サタデ―」の北海道エリア担当キャスターとして活躍。2013年より現職。

第2部 映画上映 『うさぎ追いし−山極勝三郎物語やまぎわかつさぶろうものがたり−』

練馬区と友好都市の関係にある長野県上田市出身の病理学者で、人工がん研究の第一人者である山極勝三郎氏の伝記映画を上映します。
※注釈:日本語字幕および音声ガイド付き。

「癌が作れれば、癌は治せる。」

100年前、世界が驚く実験を成功させたのは、信州上田生まれの病理学者だった。

江戸から明治への転換期に、上田藩の下級武士の家系に生まれ育った山極勝三郎が、がんの原因の解明に道を開く物語。がんとの闘いや勝三郎を取り巻く師弟愛や家族愛、郷土愛などから、生きることの喜びや豊かさを描きます。

  • 映画出演者

遠藤憲一、水野真紀、豊原巧補、岡部尚、高橋恵子、北大路欣也
横光克彦、緒方美穂、尾崎右宗、秋月成美、森日菜美、古今亭文菊、白川和子、三上寛

  • 友好都市 長野県上田市

映画の舞台となった長野県上田市は、練馬区と平成18年に友好都市提携を結び、昨年で10周年を迎えました。

友好都市交流支援〜上田市のひょう害りんごをプレゼント〜

当日、がん征圧月間映画上映会ご来場の方に、ひょうの被害を受けたりんごを、お一人様につき一個ずつお配りします

練馬区と友好都市である長野県上田市は、今年5月にひょうが降り、市内一部地域の農産物が被害を受けました。生産者は、「信州うえだのおいしいりんごを、旬に、生で楽しんでもらいたい!」と年に1回の収穫に向けて頑張っています。ぜひこの機会にキズはあってもおいしいりんごをお試しください。

友好都市上田市ひょう害りんごのチラシ
友好都市上田市 ひょう害りんごのチラシ

【定員および申込】

1400人(当日先着順)

  • 定員に達した場合はご入場いただくことができませんので、予めご了承ください。
  • 車いす席または保育室を利用したい場合は、事前にお申込みください。詳細は下記をご覧ください。
  • その他必要なご配慮があれば、予め問合せ先までご連絡ください。

車いす席を利用したい場合

  • 車いす席(定員12名)の利用をご希望の方は、事前に電話またはファクスで問合せ先までお申込みください。
  • なお、当日も空席がある場合はご案内できます。

保育室の利用をしたい場合

  • 保育室(1歳〜未就学児対象。定員8名)の利用をご希望の方は、9/22(金)までに電話またはファクスで問合せ先までお申込みください。
  • 当日保険料50円をいただきます。

【会場案内】

練馬文化センター 大ホール(こぶしホール)
練馬区練馬1丁目17番37号
西武池袋線および西武有楽町線・都営大江戸線練馬駅中央北口から徒歩1分

練馬文化センターの案内図

【映画上映会チラシ】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ・お申込み

健康部 健康推進課 健康づくり係  組織詳細へ
電話:03-5984-4624(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る