このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 保健・医療・健康・衛生 の中の 感染症 の中の 麻しん(はしか)の流行に注意しましょう のページです。

本文ここから

麻しん(はしか)の流行に注意しましょう

更新日:2018年4月24日

 平成30年3月に、沖縄県を訪れた海外からの旅行客が麻しんを発症しました。旅行中に接触があった人や、同じ施設を利用した人を中心に、その後も沖縄県内で麻しん患者の発生が続いています。
 また、このときに感染した人が感染に気付かずに国内を移動したことにより、全国で麻しん患者の発生が報告されています。
 今後の発生動向に注意してください。
 特に沖縄県や海外へ旅行する予定がある方は、沖縄県や厚生労働省が提供する情報を確認してください。

麻しんとは

 麻しんは、麻しんウイルスによって引き起こされる感染症で、一般に「はしか」と呼ばれることもあります。
 感染後10日前後に、38℃程度の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が2日から4日続き、その後39℃以上の高熱と共に発疹が出現します。合併症がなければ7日から10日で回復します。
 麻しんの合併症は、肺炎や脳炎、中耳炎、クループ(喉頭の炎症で、喘鳴や呼吸困難を伴うことがあります)、心筋炎などがあり、重篤な場合、死亡する可能性があります。
 感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染と、あらゆる経路で感染します。免疫を持っていない人が感染すると、ほぼ100%が発症します。

予防について

 麻しんは、感染力が極めて強く、空気感染もするので、手洗い、マスクのみでは十分な予防ができません。
 有効な予防方法は、あらかじめ麻しんのワクチンを接種し免疫を獲得しておくことです。

  • 定期接種(1歳児、小学校就学前1年間の計2回)のタイミングで必ず予防接種を受けましょう。定められた期間内に接種する場合は、費用の自己負担はありません。

医療機関で受診の際には

 麻しん患者との接触が明らかで、麻しんが強く疑われる症状(発熱、咳、鼻水、涙、発疹)が現れている場合は、事前に医療機関に電話連絡のうえ、受診時間を確認し、マスクを着用して受診してください。

関連情報

お問い合わせ

健康部 保健予防課 予防係  組織詳細へ
電話:03-5984-2484(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

注目情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る