このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 保健・医療・健康・衛生 の中の 食品に関すること の中の 食品に関するその他のお知らせ の中の 7月1日から、牛レバーの生食用としての提供・販売が禁止されます。 のページです。

本文ここから

7月1日から、牛レバーの生食用としての提供・販売が禁止されます。

更新日:2012年6月27日

牛レバーを生食するのはやめましょう

 牛レバーの内部からは、腸管出血性大腸菌が検出されています。生で食べると食中毒のリスクがあります。牛レバーを生で食べるのはやめましょう。

 食品衛生法に基づく食品の規格基準が改正され、平成24年7月1日から牛肝臓(牛レバー)の生食用としての提供・販売が禁止されることになりました。
 現時点では、牛肝臓を安全に生で食べるための有効な予防対策は見い出されておらず、牛肝臓の鮮度、保存状態、衛生管理などに関わらず、食中毒の発生が避けられないからです。

事業者の方へ

飲食店等

 加工・調理を行う際は、規格基準に基づき、加熱を徹底すること。[中心部を63度30分以上、または同等以上の加熱(75度1分以上など)]

 なお、焼肉店など利用者自身が調理して飲食する施設では、コンロ等加熱設備を提供し、利用者が中心部まで十分に加熱して食べるよう、「加熱用である旨」、「調理の際に中心部まで加熱する必要がある旨」、「食中毒の危険性があるため生では食べられない旨」などを掲示やメニューに記載するなどして情報提供を行うこと。
 また、利用者が生で食べている場合などには、加熱して食べるよう注意喚起すること。

食肉販売店

 消費者が牛の肝臓を中心部まで十分に加熱して食べるよう、上記飲食店と同様の情報提供を掲示などで行うこと。

お問い合わせ

健康部 生活衛生課 食品衛生担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4675(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

食品に関するその他のお知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る