このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 保健・医療・健康・衛生 の中の 食品に関すること の中の 食品に関するその他のお知らせ の中の ウエルシュ菌による食中毒にご注意! のページです。

本文ここから

ウエルシュ菌による食中毒にご注意!

更新日:2017年10月23日

ウエルシュ菌による食中毒は、カレーやシチュー、煮物など、肉類、魚介類、野菜を使用した煮込み料理が原因となることが多いです。
加熱した食品であっても、常温放置した場合は、この菌による食中毒が起こりやすいので注意が必要です。
過去には、前日に大量に調理され、大きな容器のまま常温で放置されていたスープや、めんつゆが原因となった事例もあります。

特徴

ウエルシュ菌は、人や動物の腸管や環境中に広く分布している細菌です。酸素のない状態で増え、熱に強い芽胞を作ります。
加熱調理後、発育に適した温度になると、急激に増えます。

主な原因食品

肉類、魚介類、野菜を使用した煮物や大量調理食品

煮物イラスト

症状

  • 主症状は腹痛、下痢です。
  • 潜伏期間は6〜18時間、平均10時間です。

予防のポイント

  • 前日調理は避け、加熱調理したものは、なるべく早く食べる。
  • やむをえず保管する時は、小分けして急激に冷やし、冷蔵保管する。

  (10℃ 〜 55℃の温度帯で保管しない)

  • 再加熱する場合は、十分に加熱する。

お問い合わせ

健康部 生活衛生課 食品衛生担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4675(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

食品に関するその他のお知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る