このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 暮らしのガイド の中の 地域福祉 の中の 地域福祉パワーアップカレッジねりま の中の カレッジのご案内 のページです。

本文ここから

カレッジのご案内

 「地域福祉パワーアップカレッジねりま」は、地域福祉を担う人材の育成などを目指し、区が設置した常設の学びの場です。区独立60周年を記念し、平成19年10月に開設しました。

 ※注釈:カレッジは学校教育法上の大学ではありません。練馬区が任意に設置したものです。

1 カレッジの基本理念

区民が協働で築く“ねりま”の地域福祉

2 カレッジの目標

目標1 地域福祉を担う人材の育成

  • 地域福祉で活躍している人のスキルアップ(技能・能力の向上)。
  • 活動を始める人のボトムアップ(底上げ)。
  • 個々の活動のネットワークのキープアップ(維持・向上)。

目標2 育成した人材を活かす仕組みづくり

  • 卒業生の自主活動の支援。
  • 仲間づくり、ネットワークづくりの支援。
  • 福祉団体、地域団体などとの交流会の開催。

3 カレッジの特色

特色1 “ねりま”で学び・活動する

区にあるさまざまな福祉施設や福祉活動の現場で学ぶとともに、学んだ成果をもとに地域で活動。

特色2 多様なカリキュラムと多彩な講師陣

短期の講座では得られない知識やスキルが習得できるカリキュラムを提供。

大学の教員をはじめ、地域福祉活動の実践者や障害の当事者などが講師。

特色3 充実した学生生活

授業や行事、交流などを通じた充実した学生生活。

特色4 団塊の世代の方の参加促進

定年退職により地域に帰ってくる団塊の世代の方の参加促進。

特色5 変化に対応し、進化し続ける

学生の要望などに柔軟に対応し、常に進化し続けるカレッジ。

4 カレッジの学習の仕組み

(1)学長

 市川 一宏

(2)クラス担任

  8期生・・・ 西田 ちゆき(日本社会事業大学講師)
  9期生・・・ 正田 久子(ルーテル学院大学非常勤講師)

(3)地域活動アドバイザー

 練馬区社会福祉協議会

(4)学習テーマ

 高齢や子育て、障害などの課題を切り口として「地域福祉」をテーマに学習を進めます。

(5)修学期間

 修学期間は2年間で、1学年と2学年に分かれます。

 (1)1学年・・・10月(入学)〜翌年9月

 (2)2学年・・・翌年10月〜翌々年7月(卒業)

(6)授業

 授業は原則としてつぎのとおり実施します。

(1)年間30日(回)程度。

 平日の昼間に3時限分の授業を行います(1時限は90分)。

 授業日は8期生が木曜、9期生が火曜です。

(2)クラス単位で授業を行います。

 授業は、講義のほか、討議、発表、フィールドワーク(教室外で行なう調査・研究。実習)などにより行います。

(7)講師

 学長、クラス担任、大学の教員、地域福祉活動の実践者、障害の当事者などを講師とします。

(8)教室

 区役所の会議室など区立施設を活用します。

(9)卒業後の活動

 学生自身が活動の場を見つけることができるよう、「授業」や、「育成した人材を活かす仕組みづくり」などを通じ支援します。

(10)学費

 1学年分・・・3万円、2学年分・・・3万円

(11)その他

(1)カレッジ祭などの行事を開催します。

(2)授業とは別に、地域福祉をテーマとした講演会などを適宜開催します。

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

地域福祉パワーアップカレッジねりま

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る