このページの先頭です
練馬区議会
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ 練馬区議会 の中の 定例会情報 の中の 平成29年 の中の 第四回定例会 の中の 議案の内容 のページです。

本文ここから

議案の内容

更新日:2017年12月15日

議案は本会議で付託した委員会で審査を行い、本会議で議決します。

11月30日 区長提出議案
議案番号 件名 付託委員会 結果
内容
第89号 練馬区特別職の職員で非常勤のものの報酬および費用弁償に関する条例の一部を改正する条例 企画総務 可決
1 保育補佐員の報酬額について「月額188,000円から193,000円までの範囲内において規則で定める額」を「月額188,000円から193,000円までまたは日額4,560円から8,740円までの範囲内において規則で定める額」に改める。
2 業務協力員の報酬額について「日額7,200円」を「日額7,500円」に改める。
3 防災宿直専門員の報酬額について「日額10,300円」を「日額10,800円」に改める。
4 スクールソーシャルワーカーの報酬額について「月額221,000円」を「月額240,000円」に改める。
5 学校巡回相談員および専門宿直員の職を廃止する。

施行日:平成30年4月1日
第90号 練馬区職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例 企画総務 可決
地方公務員の育児休業等に関する法律の一部改正に伴い、非常勤職員が取得できる育児休業の期間を拡大するため、所要の改正を行う。

施行日:公布の日
第91号 練馬区立スポーツ施設条例の一部を改正する条例 区民生活 可決
1 大泉学園町希望が丘公園運動場の庭球場の開館時間を延長するため、所要の改正を行う。
2 夏の雲公園庭球場の夜間利用期間を拡大するため、所要の改正を行う。

施行日:平成30年4月1日
第92号 練馬区立自転車駐車場条例の一部を改正する条例 環境まちづくり 可決
早宮第四自転車駐車場の位置を変更する。
 〔変更前〕練馬区早宮二丁目17番48号
 〔変更後〕練馬区早宮二丁目17番45号

施行日:平成30年3月15日
第93号 練馬区立幼稚園条例の一部を改正する条例 文教児童青少年 可決
在園児を対象とする預かり保育を実施するため、所要の改正を行う。

施行日:平成30年4月1日
第94号 練馬区特定教育・保育施設および特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例の一部を改正する条例 文教児童青少年 可決
1 特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準の一部改正に伴い、受給資格等の確認方法について、所要の改正を行う。
2 就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部改正に伴い、この条例で引用している同法の規定が項ずれしたため、規定の整備を行う。

施行日:
1 公布の日
2 平成30年4月1日
第95〜102号 特別区道路線の認定について(8件) 環境まちづくり 可決
道路法第8条第1項の規定に基づく特別区道路線の認定を行うに当たり、同条第2項の規定に基づき議決を求める。
第103号 練馬区立三原台温水プール熱源供給用高温水管改修工事請負契約 企画総務 可決
〔入札期間〕 平成29年10月31日から同年11月20日まで
〔開札期日〕 平成29年11月20日
〔契約金額〕 240,840,000円
〔相手方〕  ホープ・松戸 建設共同企業体
〔工期〕   契約確定の日の翌日から平成30年9月28日まで
〔工事場所〕 練馬区三原台二丁目11番29号
〔工事内容〕 新設配管工(延長 281.2メートル)、既設管撤去工、土工 ほか  
第104号 指定管理者の指定について(練馬区立向山庭園) 区民生活 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕アゴラ造園株式会社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第105号 指定管理者の指定について(練馬区立大泉町福祉園) 健康福祉 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕社会福祉法人 武蔵野会
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第106号 指定管理者の指定について(練馬区立江古田駅自転車駐車場等) 環境まちづくり 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕公益財団法人 練馬区環境まちづくり公社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第107号 指定管理者の指定について(練馬区立練馬タウンサイクル等) 環境まちづくり 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕公益財団法人 練馬区環境まちづくり公社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第108号 指定管理者の指定について(練馬区立下田少年自然の家) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕株式会社 クックランド
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第109号 指定管理者の指定について(練馬区立稲荷山図書館) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕株式会社 ヴィアックス
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第110号 指定管理者の指定について(練馬区立南大泉図書館) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕日本コンベンションサービス株式会社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第111号 指定管理者の指定について(練馬区立光が丘児童館) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕社会福祉法人 雲柱社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第112号 指定管理者の指定について(練馬区立上石神井児童館) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕株式会社 小学館集英社プロダクション
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
第113号 指定管理者の指定について(練馬区立上石神井児童館学童クラブおよび練馬区立上石神井小学童クラブ) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕株式会社 小学館集英社プロダクション
〔指定の期間〕上石神井児童館学童クラブ
        平成30年4月1日から平成35年3月31日まで
       上石神井小学童クラブ
        平成30年4月1日から平成31年3月31日まで
第114号 指定管理者の指定について(練馬区立光が丘子ども家庭支援センター) 文教児童青少年 可決
地方自治法第244条の2第3項の規定に基づく指定管理者の指定を行うに当たり、同条第6項の規定に基づき議決を求める。

〔指定管理者となる団体〕社会福祉法人 雲柱社
〔指定の期間〕平成30年4月1日から平成32年3月31日まで
第115号 練馬区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例 企画総務 可決
特別区人事委員会勧告等に基づき、公民較差を解消するため給料月額を引き上げるとともに、勤勉手当の年間支給月数を引き上げる。

施行日:公布の日および平成30年4月1日
第116号 練馬区立幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例 企画総務 可決
特別区人事委員会勧告に基づき、公民較差を解消するため給料月額を引き上げるとともに、勤勉手当の年間支給月数を引き上げる。

施行日:公布の日および平成30年4月1日
11月30日 議員提出議案
議案番号 件名 付託委員会 結果
内容
議員提出第12号 北朝鮮のミサイル発射に断固抗議する決議 付託省略 可決
→決議文へ
12月15日 区長提出議案
議案番号 件名 付託委員会 結果
内容
選任第20号 練馬区教育委員会委員任命の同意について 付託省略 同意
高柳誠氏を教育委員会委員に任命することに同意するもの。

お問い合わせ

区議会事務局  組織詳細へ
電話:03-5984-4732(直通)
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区議会

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-5984-4732
Copyright © Nerima City Assembly. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る