このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の ねりまの案内 の中の ねりまの歴史を知る の中の 練馬の歴史と文化財 の中の 指定・登録文化財 の中の 文化財詳細 の中の 牧野記念庭園 (まきのきねんていえん)  のページです。

本文ここから

牧野記念庭園 (まきのきねんていえん) 

更新日:2016年2月2日

国登録文化財:牧野記念庭園

国登録記念物名称:牧野記念庭園・牧野富太郎宅跡


牧野記念庭園入口


展示室


スエコザサ


センダイヤ(サクラ)

 牧野記念庭園は、世界的に著名な植物学者である牧野富太郎博士(1862年〜1957年)が、大正15年(1926年)から昭和32年(1957年)に死去するまでの約30年間住んだ居宅と庭の跡です。昭和33年(1958年)に区立庭園となりました。
 園内には牧野博士はかせが発見し、妻の名をとって命名したスエコザサをはじめ、日本で最大級のセンダイヤ(サクラ)、ヘラノキ、チチブフジなど300種類以上の植物が成育しています。記念館では博士が採集した植物標本や、著書、顕微鏡などを展示しています。また博士の書斎が覆屋内おおいやないに保存、公開されています。
 牧野博士はかせは、土佐国とさのくに(現高知県)生まれ。19才で上京し、東京帝国大学の助手・講師を勤め、明治22年(1889年)日本人として初めてヤマトグサに学名を与え、1,000種の新種、1,500種の新変種を命名し、40万点の標本を採集しました。著書に『牧野日本植物図鑑』など多数あります。文化勲章受章、名誉都民・名誉区民などに顕彰されています。
 平成21年2月に国・登録記念物(名勝地関係・遺跡関係)となりました。(平成8年度区登録)

 

詳しくは、牧野記念庭園情報サイトをご覧ください。

所在地

東大泉6丁目34番4号

入場料

無料

開園時間

午前9時から午後5時

休園日

火曜日(火曜日が祝休日にあたる場合は、その日以降の最も近い祝休日でない日)
年末年始(12月29日〜1月3日)

敷地面積

約2千200平方メートル

設備項目

車いす用トイレ、ベビーベッド、ベビーチェア、オスメイト配慮設備 あり

交通機関

  • 西武池袋線 大泉学園駅南口下車徒歩5分
  • JR線 西荻窪駅 大泉学園駅南口行き(西武新宿線 上石神井駅経由) 18分 

学芸大附属前下車 徒歩1分 

  • JR線 吉祥寺駅 都民農園セコニック行き(西武新宿線 武蔵関駅経由) 20分 

学芸大附属前下車 徒歩1分

問い合わせ先

牧野記念庭園 電話:03-3922-2920
みどり推進課 花とみどりの相談所 電話:03-3976-9402

ホームページ

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 伝統文化係  組織詳細へ
電話:03-5984-2442(直通)  ファクス:03-5984-1228
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

文化財詳細

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る