このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の ねりまの案内 の中の ねりまの歴史を知る の中の 練馬の歴史と文化財 の中の 指定・登録文化財 の中の 文化財詳細 の中の 江古田の富士塚 (えこだのふじづか) のページです。

本文ここから

江古田の富士塚 (えこだのふじづか)

更新日:2010年2月1日

国指定文化財:江古田の富士塚

江古田の富士塚の写真1

江古田の富士塚の写真2

江古田の富士塚の写真3

江古田の富士塚の写真4

江古田の富士塚の写真5

江古田の富士塚の写真6

江古田の富士塚の写真7

 江戸時代中ごろから昭和初めごろにかけて、江戸八百八講はっぴゃくやこうと言われるように、富士山や神奈川の大山に登拝とはいしに行く富士講や大山講などの山岳信仰者の集まりが練馬区内にもたくさんありました。
 富士講は、霊峰富士に登り浅間神社に参拝することを目的に結成されたものです。年ごとに講の代表者として参拝するものを選び、必要な経費を講員全員で負担していました。富士講がさかんになり、江戸時代終わりごろから富士山に似せた富士塚が各地に築かれました。富士塚に登拝とはいすると、実際に富士山に出かけたのと同じ御利益があるとされていました。
 江古田の富士塚は、高さ約8メートル、直径約30メートルの大きさで、通称“江古田富士”と呼ばれています。江戸時代後期に下練馬村・中新井村・中村の各講により構成される「小竹丸祓講こたけまるはらいこう」によって天保10年(1839年)に築かれたものと考えられます。大正12年(1923年)関東大震災によって損壊しましたが、その後、復旧工事が行なわれ、塚の一部が富士山の溶岩で覆われています。都内の富士塚の中では規模の大きいものです。

昭和61年度区登録・昭和54年度国指定

浅間神社せんげんじんじゃ境内(小竹町1丁目59番2号)

交通機関

西武池袋線 江古田駅北口下車徒歩1分

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 伝統文化係  組織詳細へ
電話:03-5984-2442(直通)  ファクス:03-5984-1228
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

文化財詳細

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る